体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの写真が本の1ページに!京都に溢れている「ローカルな風景」を募集しています

あなたの写真が本の1ページに!京都に溢れている「ローカルな風景」を募集しています

こんにちは!お天気が良い日が続き、今年の夏はどこに出かけようかなぁ、なんて考え始めている制作担当のちゅうやん(@misakiki623)です。最近のTABIPPOといえば、オフィスが先月から新しくなり環境が変わりました。環境が変わるとこれまでと違う通勤路にワクワクしたり新しい発見があって面白いですね!

 

京都の写真、追加募集します!

さて。先月まで募集していた京都の写真ですが、ただいま選考真っ只中でございます。皆様からご応募いただいたお写真は全て拝見させていただいております!大学時代、よく京都に遊びに行っていた私はとても懐かしくなりました(喫茶ソワレの宝石みたいなゼリーポンチが恋しい…!)。

進捗ですが、たくさん集まってはいるものの、まだまだ「ここはどこ?」「ガイドブックで見たことないから行ってみたい!」と思うようなローカルな場所が圧倒的に不足しているため、募集期間を延長することになりました!

例えば、「岡崎十石舟めぐりで見る夜桜は、一度体験してもらいたいな!」

photo by Shiho Okumura

「京都国立博物館は夕焼けに染まるとなんだかノスタルジックなんだよね」

photo by Shiho Okumura

「大文字山から眺めるパノラマは本当は誰に教えたくないんだけど教えちゃう!」

photo by Shiho Okumura

なーんていった、ガイドブックにはあまり載っていないようなマニアックポイントをあと1ヶ月間期間延長して募集いたします!観光名所のお写真は前回のご応募でたくさんいただき十分集まりました。みなさん、素敵なご応募本当にありがとうございました。

春夏秋冬どの季節に訪れてもいろんな顔を見せてくれる京都。だからこそもっと知り尽くしたくなる京都の表情。ちょっとのぞいてみた路地裏だったり、地元の人しか知らない場所、京都に住んでいたからこそわかるお店や食べもの、お祭りなど。ガイドブックだけでは伝わらない京都のローカル風景を、私たちにぜひ教えてください!

応募方法は前回と変わりませんがハッシュタグが変更になるためご注意ください。

 

応募方法

写真の応募方法はとっても簡単!SNSからとメールで応募する2パターンがあります。

SNSから応募

1、SNSはTwitter、Instagram投稿が対象となります。

2、PAS-POLの公式Twitter(@PASPOL_tabippo)、もしくはInstagramアカウント(@pas_pol)をフォローしてください。

3、おすすめポイントとどこの場所で撮影したかをハッシュタグ「#365_localkyoto」をつけて投稿してください。

メールでの応募

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。