体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「フォロワー」や「ファン」が多い人はここが違う! SNS上の“セルフブランディング”って?

「フォロワー」や「ファン」が多い人はここが違う! SNS上の“セルフブランディング”って?


そもそも“セルフブランディング”とは一体何か?

ビジネスパーソンから経営者、個人事業主、主婦、学生まで、立場を問わず、SNSを使って「セルフブランディング」をする人が増えています。

そもそも「セルフブランディング」とは一体なんでしょうか。実は、SNS上のフォローワーやファンを増やすときには、この「セルフブランディング」が重要になってきます。

その定義はさまざまですが、筆者の定義は「誰かにとって特別な価値を与える存在になること。および、そこに至るまでのプロセス」のこと。特筆すべきは“誰かにとって”という部分です。“誰か”ですからSNS利用者全員でもありませんし、不特定多数でもありません。

例えば、昔から時間管理が得意なAさん。Aさんの場合、SNSを使って「時間の使い方がヘタだ」「もっとうまく時間を使えるようになりたい」と思っている人に「時間管理の方法」や「時間管理をすることで得られる効果」などを伝えていきます。このとき、「時間管理が得意な人たち」のことを考える必要はありません。Aさんがターゲットにすべき“誰か”は、ズバリ「時間管理がヘタな人/時間管理がうまくなりたい人たち」です。その人たちにSNSを通じて「特別な価値を与える続けること」が、セルフブランディングの活動です。

あなたの「好き」や「得意」で助けられる人がいる

時間管理が得意なAさん同様に、SNSを活用すれば、さまざまなテーマでセルフブランディングすることができます。

【SNSを活用したセルフブランディングの一例】

・情報発信のテーマ

仕事で信頼を勝ち取るファッション

・届けるターゲット

「自分のファッションって野暮ったいかも」「外見に磨きをかけて、仕事でメリットを得たい」と思っている経営者やビジネスパーソン

・主な情報発信内容

服の選び方やコーディネート方法、服が仕事に及ぼす影響

・情報発信のテーマ

コミュニケーションとしての中国話

・届けるターゲット

「国内外で中国人と会話を楽しみたい」と思っている人

・主な情報発信内容

中国語特有のコミュニケーション方法

・情報発信のテーマ

アレルギー改善の食生活

・届けるターゲット

アレルギーに悩んでいる人

・主な情報発信内容

アレルギー情報やアレルギーを改善するための食情報

このように、自分が得意にしていることや、大好きなこと、情熱を傾けていること、人よりも少し詳しいこと、人よりも少し上手にできること——などをテーマに、その情報を知りたがっている人に教えてあげることがSNS上でのセルフブランディングの第一歩です。

また、セルフブランディングするためには圧倒的な知識やスキルが必要だと思っている人がいますが、それは間違い(勘違い)です。

例えば、筆者は2009年ごろから「文章の書き方」をテーマにしたブログを書き始めましたが、当時は名もなき一介のライターにすぎず、出版デビューもしていませんでした。文章術を語れる著名な文筆家は、世の中に山ほどいたはずです。しかし、そんなことはおかまいなしに私はブログを書き始めました。なぜなら、“自分よりも苦手な人たちに喜んでもらえればOK”と考えていたからです。

そう、あなたが助けるべきも、あなたの少し後ろを歩いている人たちです。知識やスキルを磨く努力は必要ですが、現時点で“圧倒的”である必要はありません。

ファンが増えることで得られる強力なバリュー

セルフブランディングを実現するためには、ターゲットとなる人たちを「単なるフォロワー」から「ファン」へ育てていく必要があります。ファンとは、その発信者や発信内容に賛同・共感し、積極的に情報発信者の情報を受け取ろうとする人たちです。

以下は、自分のお気に入りの情報発信者に対してファンが取る行動の一例です。
SNS投稿を常にチェックする 公式サイトをチェックしよう 積極的に交流しよう(コメント、リプライなど) 発言を世に広めよう(SNSでのシェアやRTを含む口コミ) 提供する商品やサービスを購入しよう 出演するイベントに足を運ぼう 運営するコミュニティに参加しよう

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。