体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100万通り以上のカクテルに対応!世界初のバーテンダーロボット「Makr Shakr」がスゴイ

たくさんのボトルに囲まれたカウンター内で、シェーカーを振る優雅な手。やがてできあがる、極上のカクテル。ただし、それは人間ではなく、ロボットの腕によるものだ。

・ダンスのように正確な動きでカクテルメイク

驚くべき仕事をこなすのは、「Makr Shakr」という、世界初のバーテンダーロボット。先日紹介した「scribit」をはじめ、革新的なロボティクス技術を生み出してきたCarlo Ratti Associati(CRA)が、開発したプロダクトだ。

本体はバーと一体化できる、ロボットアーム。天井から垂れ下がった170種類以上のボトルを管理しつつ、ダンスのように正確な動きで、100万通り以上のドリンクの組み合わせを実現する。

ベースユニットはモジュラー構造のため、さまざまなバーカウンターに組み込み可能。独立モードにしたり、屋外での使用にも対応する。期間限定イベントなどにレンタルできる、ポータブルユニットもあり。従来品に比べ軽量だが、アイスマシン、レモン&ライムカッター、ミントディスペンサーといった、標準的な技術的機能は備わっている。

・モバイルアプリで楽々操作

コマンドは、モバイルアプリから送信。メニューは、有名バーテンダーが開発した、プレマイドレシピの中から選択できる。もちろん、独自レシピを作ってもOK。30種類以上のスピリッツ、ジュース、ソーダ、ガーニッシュをベースに、好みの配合を作成して名前を付ければ、オリジナルカクテルの完成だ。

ビジュアル面の演出にも、こだわっている。現在の注文、キュー時間、使用状況に関するデータを表示する、照明付き壁を設置。視覚的に飽きさせない背景を提供する。

製品の購入・レンタルに関しては、メールで受け付け中。申し込みは、専用サイトから。

Makr Shakr

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。