体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

再:新作「バイオハザード RE:2」が2019年1月に発売決定 サバイバルホラーの傑作が全てを一新

再:新作「バイオハザード RE:2」が2019年1月に発売決定 サバイバルホラーの傑作が全てを一新

 サバイバルホラーの傑作「バイオハザード2」が、「バイオハザード RE:2」(PS4、Xbox One、PC)として2019年1月25日に発売されることが決定した。

 開発発売を行うカプコンの発表によると、本作は「全てを一新」した作品とのことで、移植作やリメイク作ではなく「再:新作」と謳われている。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 オリジナル版「バイオハザード2」は1998年の発売。累計販売本数は496万を数える。舞台は第1作の閉ざされた洋館から一転、市街地でのパンデミックが描かれた。本作の大ヒットがシリーズの人気を不動としただけでなく、すぐそこに生物兵器の脅威が存在する世界観を決定づけた傑作でもある。

 それが2019年に再:新作として登場するにあたっては、「バイオハザード7」の最新技術が投入され、「匂いや湿度すら感じられるほどのビジュアル」と「ビハインドビュー」で初プレイの記憶を上回るクオリティをもってプレイヤーに迫るという。傑作ゲームが最新技術でどのように世界観を再構築するのか、続報にも注目したい。

対応ハード:PlayStation(R)4、Xbox One、PC
発売予定日:2019年1月25日(金)
希望小売価格:
PlayStation(R)4、パッケージ版 7,800円+税/ダウンロード版 7,222円+税
Xbox One、ダウンロード版 7,280円+税
PC、ダウンロード版 7,222円+税
CEROレーティング:審査予定

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
情報提供:株式会社カプコン

関連記事リンク(外部サイト)

タニタがゲーム事業に進出 セガとコラボしツインスティック販売へ
「チームソニックレーシング」今冬発売決定 シリーズ初のチームレーシングタイトル
カルト的人気を誇る「SIREN」の展示会が中野で開催 アイテムや衣装が展示

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。