体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋のせいで「我をわすれがち」な季節が、やってきました

恋のせいで「我をわすれがち」な季節が、やってきました

 

恋人たちが、「浮かれに浮かれて我をわすれる」季節がやってきました。

映画『海辺のポーリーヌ』に出てくる大人たちも例外ではなく、海辺の町で刹那な恋に翻弄されます。それは、ひと夏の恋というにはロマンティックさは足りないし、とにかくみんな「我のわすれかた」が激しい。

それを眺める、15歳のポーリーヌ。まだ翻弄されるほどの恋には出会っていない彼女は、そんな大人たちを少し冷ややかに、そして反面教師にするかのように俯瞰します。

「わたしは、知らない相手に
夢中にならないわ」

 

お気に入りは庭の紫陽花、ざっくりとカットされたマッシュヘア、艶やかさのないスイムウエア。「うわべじゃなくて、その性質に興味があるから」と、よく知りもしない相手に恋い焦がれる大人たちの横で、ポーリーヌは話します。

恋を知らない15歳の少女の「まだ」静かな時間。取り巻く騒がしい大人たちにも、きっとこんな時があったのでしょう。ポーリーヌは、「我をわすれた」経験をもつ大人からのアドバイスに、シンプルな言葉で返します。

「ウソかもしれない事を、悲しむのは間違いよ」

「悲しまないわ」

海辺でのヴァカンスを終え、まだ見ぬ未来の恋人を思い浮かべながら答える彼女は、どこかすこし大人びて見えるのでした。

今日、6月12日は「恋人の日」

恋のせいで「我をわすれがち」な季節が、やってきました

© Les Films du Losange Les Films Ariane

で、「恋人の日」なんです、今日。なにをするのかって? 恋人と縁を深めるために、お気に入りの写真を入れたフォトフレームやプレゼントを贈りあう日なのだとか。あまり知られていないようだけれど、クリスマスやバレンタインデーに並ぶ、特別な日なんですね。

「我をわすれがち」な季節の、恋にまつわる記念日は今日だけ。それがたとえ長くつづく関係ではなくても、身を焦がすような恋人に贈りものをしてみるのはどうでしょう?

恋のせいで「我をわすれがち」な季節が、やってきました『海辺のポーリーヌ』監督・脚本:エリック・ロメール

15歳の少女が経験する、ひと夏のヴァカンスの出来事。「喜劇と格言劇集」第3作。
15歳のポーリーヌは、年上で男性経験豊富ないとこマリオンと、ノルマンディーの避暑地で夏を過ごそうと別荘にやって来た。2人は海辺で昔マリオンのボーイフレンドで、いまだにマリオンのことが好きなピエールに出会った。ピエールの知りあいのアンリ、翌日知り合ったシルヴァン。それぞれの恋の行方は如何に。

DVD 発売中/販売元:紀伊國屋書店Top photo: © Les Films du Losange Les Films Ariane

関連記事リンク(外部サイト)

「社会人になってからの恋愛」をして初めてわかった9つのこと
【恋愛診断】手のつなぎ方で「恋人との本当の関係」がバレる?
「恋に落ちる」とき、男と女どのように違うのか。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。