体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン「サイコ」1位浮上、マルーン5&カーディ・Bのコラボ曲4位に

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン「サイコ」1位浮上、マルーン5&カーディ・Bのコラボ曲4位に

 ポスト・マローンの「サイコfeat.タイ・ダラー・サイン」が首位に浮上した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 通算6週のNo.1を死守したドレイクの「ナイス・フォー・ホワット」と入れ代わり、登場15週目で遂に1位を獲得したポスト・マローンの「サイコ」。2018年3月10日付チャートで2位にデビューし、以降TOP5をキープしての快挙となった。その間には、ドレイクの「ゴッズ・プラン」(今週5位)と、チャイルディッシュ・ガンビーノの「ディス・イズ・アメリカ」(今週7位)、そして前述の「ナイス・フォー・ホワット」が1位を獲得しているが、この3曲はいずれも初登場で1位を獲得していて、下位から浮上した曲としては、カミラ・カベロの「ハヴァナfeat.ヤング・サグ」(2018年1月27日付)以来、5か月ぶりとなる。

 iTunesストアでの値引きはあったものの、セールス・チャートでは先週の1位から2位にダウンしていて、ストリーミング、エアプレイの主要チャートでも、今週は1位を獲得していない。ミュージック・ビデオの公開やリミックスのリリースなど、上昇した理由は特になく「サイコ」が伸びたというよりは、2位以下の勢いが衰えたことがランクアップした理由といえる。同時に、R&B/ヒップホップ・チャート、ラップ・チャート、そしてポップ・ソングス・ラジオ・エアプレイ・チャートでも1位に輝いた。

 同曲が収録されたポスト・マローンの2ndアルバム『ビアボングス&ベントレーズ』も好調で、今週のアルバム・チャートでは2位にランクインし、登場6週目にして99,000ユニットを獲得、高い水準を維持している。ポスト・マローンにとっては、本作からの1stシングル「ロックスターfeat.21サヴェージ」(8週1位)に続く2曲目、フィーチャリング・ゲストのタイ・ダラー・サインにとっては、これまでの自己最高位だった、フィフス・ハーモニーとの「ワーク・フロム・ホーム」(2016年4位)を上回る、初のNo.1獲得となった。

 先週の7位から3位に順位を上げたのは、カーディ・Bの「アイ・ライク・イット」。5月29日に公開したミュージック・ビデオの効果でストリーミングが上昇し、TOP3入りした。カーディ・Bにとっては、ブルーノ・マーズとコラボした「フィネス」に続く3曲目のTOP3入り。同曲は、レゲトン・シンガーのJ.バルヴィンとバッド・バニーをフィーチャーした、ラテンとヒップホップを融合した夏らしいナンバーで、季節がら今後も上位ランクインが見込める。上位2曲とのポイント差もわずかで、No.1獲得も期待できるかもしれない。

 カーディ・Bは今週、もう1曲をTOP10入りさせている。それが、先週の94位から4位にジャンプアップした、マルーン5とのコラボ曲「ガールズ・ライク・ユー」。カーディ・Bにとっては3位の「アイ・ライク・イット」に続く6曲目、マルーン5は昨年秋に大ヒットした「ホワット・ラヴァーズ・ドゥfeat.シザ」(最高9位)以来半年ぶり、通算14曲目のTOP10入りとなる。

 同曲は、2017年11月にリリースした、マルーン5の6thアルバム『レッド・ピル・ブルース』からの3rdシングルで、新たにカーディ・Bをフィーチャーしたリミックス・バージョンが週間82,000枚を売り上げ、デジタル・セールス・チャートではNo.1を獲得した。また、5月30日に公開した ミュージック・ビデオも8,000万視聴を突破し、ストリーミングも好調。こちらも、今後のチャート・アクションが期待できそうな1曲だ。

 今週のアルバム・チャートでNo.1デビューを飾った、カニエ・ウェストの新作『Ye』からは、2曲目の「Yikes」が8位に初登場したほか、11位の「All Mine」、16位の「Ghost Town」などアルバムに収録された全7曲がTOP40内にデビューしている。8位にデビューした「Yikes」は週間3,630万視聴を記録し、ストリーミング・チャートでは3位にデビュー。そのほかの楽曲も高い視聴回数を記録し、アルバムは1億8,110万視聴を獲得した。カニエのTOP10入りは、リアーナ&ポール・マッカートニーとコラボした「フォー・ファイヴ・セカンズ」(2015年4位)以来3年ぶり、16曲目となる。

 今週のアルバム・チャートで6位に上昇した、米シカゴ出身の新人ラッパー=Juice WRLD(ジュース・ワールド)のデビュー・アルバム『Goodbye&Good Riddance』の先行シングル「Lucid Dreams」が、先週の15位から9位に上昇し、シングルでも初のTOP10入りを果たしている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、6月15日予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「サイコfeat.タイ・ダラー・サイン」ポスト・マローン
2位「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク
3位「アイ・ライク・イット」カーディ・B、J.バルヴィン、バッド・バニー
4位「ガールズ・ライク・ユー」マルーン5feat.カーディ・B
5位「ゴッズ・プラン」ドレイク
6位「Boo’d Up」エラ・マイ
7位「ディス・イズ・アメリカ」チャイルディッシュ・ガンビーノ
8位「Yikes」カニエ・ウェスト
9位「Lucid Dreams」Juice WRLD
10位「ザ・ミドル」ゼッド、マレン・モリス、グレイ

関連記事リンク(外部サイト)

6月16日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
6月16日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
【2018 #BBMAs】ポスト・マローンfeat.21サヴェージの「ロックスター」が<トップ・ラップ・ソング賞>を受賞

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。