体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綾野剛主演『パンク侍、斬られて候』の世界観は「一足お先にオリンピック」?「破壊的でポップなアート」?

綾野剛主演『パンク侍、斬られて候』の世界観は「一足お先にオリンピック」?「破壊的でポップなアート」?

 映画『パンク侍、斬られて候』の完成披露舞台挨拶イベントが6月11日、東京・ディファ有明にて行われた。この日は主演の綾野剛に加え、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、若葉竜也、近藤公園、國村隼、豊川悦司らキャスト陣と、脚本を務めた宮藤官九郎、監督の石井岳龍が登壇した。

完成披露舞台挨拶イベント写真

 猿のDJが演出するクラブのような雰囲気の会場に、キャストたちが登場。壇上に上がった綾野は開口一番、「町田さんの原作に、宮藤さんの脚本、そして監督が石井監督ですから、本作は間違いなく劇薬です! この舞台にいらっしゃる一人一人の役者さんがパンク精神を注入した作品で、言葉で説明するにはどうにもこうにも宣伝不可能な作品なんです!」と役さながらのパンク過ぎる挨拶を披露した。

 綾野が唯一無二の世界観が展開される本作を“宣伝不可能”と形容したことから、イベントでは、他キャストも同様に本作を一言で表現することに挑戦。この難題に豊川は「一足お先にオリンピック」、北川は「破壊的でポップなアート」、染谷は「映画におけるパンクの教科書」など、本作の世界観を彷彿とさせる型破りな回答が続出。そんなキャストたちの回答の中で、浅野は「ストレート」な映画と表現。浅野が「キャストがストレートに自分のうちに秘めたものを表現していたんです。でもストレートではない人がひとり…それは豊川さんです! 豊川さんが演じた内藤が面白過ぎるんです!」とコメントすると、舞台上のキャストたちも豊川の演じた内藤帯刀を大絶賛。その面白さの秘密を豊川は、「実は撮影中にぎっくり腰になってしまったんです。すると綾野さんがわざわざ60分程マッサージをしてくれたんです。その日から内藤は掛が大好きになってしまったんです(笑)」と撮影秘話を交えながら明かした。

 最後に綾野が「今日は何もかもが特別な日となりました。この作品を感じとってもらうのは皆様自身です。この映画は、皆様の受け取り方により、色んな表情をみせてくれる作品です。本日は本当にありがとうございました!」と公開を待ちわびる日本中のファンに向けてメッセージを贈り、イベントを締めくくった。

◎公開情報
『パンク侍、斬られて候』
2018年6月30日(土)全国公開

関連記事リンク(外部サイト)

『パンク侍、斬られて候』綾野剛らキャストも困惑!? 「本当に分からないんです。この映画」
東出昌大、主演映画は「200パ-セントの自信」 「太陽のようなマッケンが、泥のようになっていた」
染谷将太「若年寄とよく言われます」 松坂慶子「(染谷は)空海に、本当にぴったりな方」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。