体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSで話題の猫も登場! 史上最大規模の猫写真展、横浜赤レンガ倉庫で開催

1806021©沖昌之

「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018」が、7月11日より横浜赤レンガ倉庫1号館2階にて開催される。

本展は、いつの時代も人を魅了してやまない普遍的な被写体「猫」を様々なテーマで捉えた約500点が一堂に会する、史上最大規模での猫写真展。

2015年の初開催から、延べ日数2週間で約14,000人の動員を記録し、回を重ねるごとに出展希望者が増え、話題の猫写真家を輩出するなど、猫写真界の登竜門となりつつある。第3回となる今回は、数々の写真展のディレクションをつとめてきたアートディレクター三村漢氏が監修をつとめる。

1年間をかけて行われたFacebookコンペ上位者ほか、猫を追い続ける新進気鋭のアマチュア猫写真家や海外の写真作家まで、猫をテーマにした作品を大判で展示。Instagram8万フォロー越え、「必死すぎるネコ」の著者でもおなじみ、沖昌之氏が捉えるソト猫や、独自の視点で人気急上昇中の会社員MARCOが捉えるウチ猫「おでんカルテット」。さらに、その活動が多くの注目を集める今最も熱いプロフォトグラファーに「猫」というキーワードで作品を依頼。有名写真家のここでしか見られない「猫」をテーマにした作品の数々は、写真好きの方にも必見となるはず。

「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018」
会期:2018年7月11日(水)〜17日(火) 
   10:00~19:00 (17日~15:00迄)※入場受付は終了の30分前迄
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階全イベントスペース 
入場料:500円(小学生以下無料) 当日に限り再入場可
主催:ジャパンクリエイト株式会社 フォトソリューション事業部
公式HP:http://akarengasoko-catphoto.yokohama/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。