体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生で一度は絶対に見たい!東北の花火大会5選

人生で一度は絶対に見たい!東北の花火大会5選

今年も、もうすぐ熱い夏がやってきます。夏といえば、やっぱり「花火」! 東北エリアでは、毎年多くの花火大会が開催されています。「会場はたくさんあるけど、どこに行こう?」「一体どんな花火が見られるの?」そんなあなたに、びゅうたび編集部がよりすぐりの花火大会を、ベストショットとともに紹介します。

※開催日と花火の打ち上げ数は、一部前年度のデータを参考にしております。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

大曲の花火(秋田県大仙市)

全国の花火師が競う日本一の花火

開催予定:2018年8月25日(土)

プロの花火師が腕を競う場として知られている、秋田県大仙市の「大曲の花火」。毎年、全国から花火ファンが駆けつけるほどの人気ぶりです。よりすぐりの花火師が打ち上げる創造性豊かな花火は、息をのむほどの美しさ。打ち上げ数は約18,000発! 全国的にも珍しい「昼花火」が見られるのも魅力のひとつです。(昼花火は17時30分開始予定)

_k___5_ 様

k___5様
@_k___5_

【びゅうたび編集部より】
こんなにカラフルで華やかな花火、見たことない!夢のような光景です。

polaris622様

polaris622様
@polaris622

【びゅうたび編集部より】
こちらが「昼花火」。明るい空でも花火の美しさは劣りません!

URL:http://www.oomagari-hanabi.com/

青森花火大会(青森県青森市)

ねぶたとのコラボが大迫力

開催予定:2018年8月7日(火)

「青森ねぶた祭」と同時開催されている、青森市の「青森花火大会」。会場は青森駅から歩いて約10分程度。ねぶた祭で大賞をとったねぶたの海上運行を楽しみながら、約10,000発の花火を鑑賞することができます。ラストに打ち上がる名物の大型スターマインは毎年大人気です。

一彦 中川様

一彦 中川様
@nakka_51

【びゅうたび編集部より】
ライトアップされた「青森ベイブリッジ」と花火のコラボレーションが素敵です。

noriki様

noriki様
@norikisato

【ご本人コメント抜粋】
10年ぶりくらいで青森花火大会観たよ!
素直にキレイだったなぁ(´∀`*)

【びゅうたび編集部より】
ねぶたと花火を一度に見られるなんて贅沢! この景色を見ると、地元の人は夏の終わりを感じるんだそう♪

URL:http://aomorihanabitaikai.jp/

北上みちのく芸能祭り(岩手県北上市)

北上川の河畔に浮かぶ花火の情景にうっとり

開催予定:2018年8月3日(金)~5日(日)※花火は8月5日(日)のみ

「北上みちのく芸能祭り」は、市内各所で100以上の民俗芸能を楽しめるお祭り。今年の「北上みちのく祭り」は3日間にわたって開催されます。そのフィナーレを飾るのが、北上川河畔での花火大会。約10,000発の花火の打ち上げと同時に、360年以上の歴史をもつ「トロッコ流し(灯篭流し)」も行われ、幻想的な風景を眺めることができます。

1 2次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。