体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浜辺美波(17)、仕事やプライベートの家事や料理について語る

女優の浜辺美波(はまべ みなみ)さんが、6月12日発売の雑誌「週刊朝日」の表紙に登場します。浜辺さんは石川県出身で、2000年生まれの現在17歳。2011年に行われた第7回「東宝シンデレラオーディション」にてニュージェネレーション賞を受賞し芸能活動をスタートさせました。

その後は映画「アリと恋文」で主演を演じ女優デビュー。その他にもドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の本間芽衣子役、「咲-Saki-」の宮永咲役、映画「君の膵臓をたべたい」の山内桜良役など、多くの主演を演じ、話題となりました。「君の膵臓をたべたい」では日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞しています。

同誌に登場する浜辺さんは、赤と紫の衣装に身を包み、まるで白雪姫のような可愛らしさを演出。インタビューでは、仕事の話はもちろん、最近の楽しみである家事や料理についても語っています。

浜辺さんは繊細な美少女のイメージを持たれている面がありますが、実は「マイペースなB型」で、現在放送中のテレビドラマ「崖っぷちホテル」で演じる、物事の捉え方が少しずれている空気を読めない新人パティシエ・鳳来ハルとの共通点も多いと語ります。

浜辺美波さんが表紙を飾る「週刊朝日」は6月12日(月)発売です。週刊朝日 2018年6/15号 (2018年06月05日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。