体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルセデスベンツ、電気自動車「EQA」プロトタイプのビデオを公開

メルセデスベンツは昨年のフランクフルトモーターショーで、電気自動車EQブランド第2弾となるEQAのコンセプトをお披露目した。

その後、開発は着々と進められているようだ。このほど、プロトタイプが走る様子を収めたビデオを公開。スタイリッシュな流線型デザインのEQAが流れるように走る様が確認できる。

・未来感漂うデザイン

EQAはジェネレーションEQに続くモデルで、3ドアハッチバックスタイルのコンパクトカーだ。

ビデオはシシリアを舞台に、EQAが流れるように快走する様子を映し出している。全体的に未来感が漂うデザインはもちろん、ボディ側面と後部に光るラインも格好良い。

ただ、現段階ではまだプロトタイプなのでデザインが最終的にどうなるかは、完成してからのお楽しみということになる。

・5秒で時速100キロに

コンセプトでは、EQAは60kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は400キロとされている。0~100km/hの加速はわずか5秒となかなかパワフルだ。

メルセデスはフランス北東部にあるプラントに5億8900万ドル(約650億円)投資していて、ここでEQAを製造する見込み。

発売日や価格が気になるところだが、まだ情報は明らかにされていない。そうした中での今回の動画公開で、何やら思わせぶりではある。

Mercedes-Benz

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。