体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンドウィッチマンが後輩芸人に見せる優しさ

サンドウィッチマンが後輩芸人に見せる優しさ

今回お話をうかがったのは、グレープカンパニー所属のお笑いコンビ「ティモンディ」の前田さん。事務所の先輩であるサンドウィッチマンにまつわるエピソードとは?

「僕らのコンビはサンドウィッチマンさんと事務所が一緒で、よくお世話になっているんです。それで、あるとき、全国ツアーの前説を任されることになったんです。富澤さんはすごくネタが好きな人で、いろいろ細かいアドバイスをくれるんですよ。『前説で出たときにはこうしたほうがいいよ』とか、『人数が多い分、身振り手振りも大きくした方が伝わりやすい』とか、親切に教えてくださるんです。しかも、せっかくの機会だからということで、前説のときに毎回ちょっとだけネタをやらせてもらえるんですよ。全国各地、7カ所で14回ライブがあったんですけど、そのたびにどんどん修正していって、自分たちでも回を重ねるごとにお客さんの反応が良くなっている実感がありました。

 

それで、サンドウィッチマンさんのツアーが、ちょうど時期的に『M-1グランプリ』とかぶっていたんです。もちろん、お二人は優勝しているんですけど、僕らはちょうど予選を受けていたところで。ひとまず1回戦を何とか突破できたので、礼儀としてお二人に報告をしたんです。そしたら、お二人ともすごくいい人なので、ツアーの最中、ライブの最後に必ず僕らのことを呼んでくれて、『こいつら、M-1の1回戦通ったんですよ!』って、何千人ものお客さんの前で毎回紹介されるようになったんです。もちろんサンドさんの単独に来ている人たちはほとんどがお笑いファンなので、M-1の予選が5段階くらいあるっていうのは知ってるんですよ。だから、『なんだ、1回戦か』みたいな感じの顔を毎回されるんです。もちろん、サンドさんに悪意はなくて、本当に自分のことのように喜んでくれているんですけど、ちょっと情けないような恥ずかしいような気持ちになりましたね。次は決勝に進出してからお二人にお伝えしようと思っています」

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。