体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

集中レベルを監視して視覚化!認知トレーニングもできるウェアラブルデバイス「FOCI」

集中しているつもりが無意識のうちに気が散ってしまい、生産性に課題を感じている方もいるだろう。

集中力には波があり、長時間持続することは難しいが、うまく管理する方法はある。

「FOCI」は機械学習を用いて個人の意識状態を検出。リアルタイムで認識して軌道修正するためのウェアラブルデバイスだ。ウエストにクリップしておくだけで認知トレーニングができてしまう同デバイスについてご紹介していく。

・呼吸パターンを学習して意識状態を検出

呼吸パターンが意識状態と密接に関連していることが、ここ20年の研究で立証されてきている。FOCIはこうした研究結果をもとに開発されたウェアラブルデバイスだ。

FOCIでは、呼吸から、「フロー、集中、リラックス、散漫、ストレスフル、疲労」の6つの意識状態が検出可能。意識状態は、スマホアプリに表示のオーブの色で視覚化されるので、集中がそれているときにはそれに気づいて、再び注意を向けなおすことができる。

また、意識状態を客観的に知ることができれば、どんな行動をすれば状態遷移が起こるかももわかってくるだろう。

FOCIの仕組みとしては機械学習を活用していて、ウエストの微細な動きから呼吸パターンを学習し、各意識状態と紐づけている。

本来、呼吸パターンを学習するには膨大なデータセットの解析が必要となるが、FOCIでは、個人が生活の中でリアルタイムに学習をおこなうための機械学習手法を採用している。

・AIトレーナーによる認知トレーニング

パーソナルトレーナー的な機能も備えていて、分析や計画、注意をつかさどる脳の領域を活用するための認知トレーニングを提供してくれる。

AIが過去の記録を分析して目標を設定。目標からそれているときには振動して教えてくれるほか、実践的な心の管理テクニックを指導してくれるようだ。

また、ハードな仕事で疲労が蓄積してしまう前に、行動回避を促すことで、精神衛生が保たれる。

集中力が保ててレジリエンス向上にも役立つFOCIは、現在Kickstarterで支援を募っており、48ユーロ(約7050円)の支援で手に入れられる。

参照元:FOCI/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。