体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パワースポットの“夫婦岩”で、究極の禊ぎヨガを開催!


昔から各地に言い伝えられる“幸運をもたらす場所”、パワースポット。

数あるパワースポットの中でも最高峰となるのが、太陽神の天照大御神を祀る三重県・伊勢神宮だ。そのお膝元である伊勢市二見町の夫婦岩では、心身を清める「夏至祭」が毎年行われている。

体験型観光アクティビティを提供する「伊勢夫婦岩めおと横丁」は、2018年の夏至にあたる6月21日(木)に、「Morning YOGA in 夫婦岩」1200円(税込)を開催する。


夫婦岩の前に打ち寄せる二見浦は、古来より心身を清めけがれを払う禊の浜とされてきた。また、一年のうちで最も昼の時間が長い夏至は、太陽のエネルギーが一番溢れる日とも言われる。その特別な日に夫婦岩の真ん中から上る朝日を浴びながらヨガをすることで、究極のリフレッシュを体験することができる。


当日は朝6時から7時にかけて、1日のスタートとなるストレッチとヨガを行う。インストラクターには、こどもから高齢者までの健康づくりのプログラムを開発指導している藤原由佳里氏を迎える。


さらに、ヨガのあとには特製の「神饌ウォーター」を用意。三重県産のイチゴやマイヤーレモン、岩戸の塩などを入れたデトックスウォーターで、体の内側からキレイを作るドリンクだ。「神饌」とは神様への食事との意味がある。


ヨガの後には、伊勢夫婦岩めおと横丁内にある「夫婦岩ミュージアム」営業時間9:00~17:00に立ち寄るのもおススメ。禊の新しいスタイル「みそぎの足湯」や「みそぎフィッシュ水槽」、夫婦岩をテーマにしたフォトジェニック写真撮影スポットなど、パワースポットとして注目される夫婦岩を様々な角度から楽しむことができる。

一年で最も昼の長い日に、ヨガを通して心身を清め、さらに多くのパワーをチャージしてみてはいかが。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。