体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)

生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)

花一輪のいけ方にもこだわりを持ちたい派です。だって、花を飾るだけで無機質な部屋にも、やさしい雰囲気が満ち満ちてくるのですから。

花瓶だけでなく、深皿を使ってみたり、マグカップを使ってみたり、テーブルの上や窓辺にと、あちこち楽しんでいるのですが、このプロダクトにはちょっと驚きでした。

一輪の花のもつ
美しさだけを追求した

生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler

「花のテーブル」という意味を持つSTOLEK PRO KVĚTINUは、オーク材とスチール製の脚(おおよそ100cm)、フラスコ型の花瓶からなるソリッドなテーブル(のような花器)。

花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられたもの。大ぶりのユリをいければ、たくましく長い茎、青々とした葉の色、可憐な花弁までが一体となり、ひときわ存在感を放って見えるでしょ。美しい花弁にばかり視線が向かいがちですが、このテーブルなら、切り花そのものを愛でる楽しみを与えてくれそう。

細身の花はより儚げに

生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler生け花のことを考えに考えたテーブル(たぶん世界初)© 2011 Adam and Samuel Cigler

テーブルの上やコーナーのアクセントに飾る花、ではなく、部屋全体のトーンをつくりだす優雅な花のためのテーブル。花をいける感覚さえ覆されるインテリア雑貨でした。Top photo: © 2011 Adam and Samuel CiglerReference: Adam and Samuel Cigler

関連記事リンク(外部サイト)

このテーブル、キャンプに持っていけるんだぜ!
スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ
「観察」したくなるサイドテーブル。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。