体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都丹後にラグジュアリーな新リゾートが誕生!

京都丹後エリアに新しいリゾートが誕生する。


古き良き日本の原風景が残る京都の奥座敷・京都丹後エリアに、「Siena Hills (シエナヒルズ)」が7月21日(土)にグランドオープン。京都丹後エリアといえば、天橋立をはじめ、かつては“日本の表玄関”として数々の神話や昔話が宿る地として語り継がれており、漁業・農業・酒蔵など地域に根付いた伝統的な暮らしや歴史・文化が数多く残っている場所だ。


そうした背景を受けて、「Siena Hills」のコンセプトを「Good old days & Good new days ~懐かしいと新しいが融合する地・奥京都~」に設定。京都丹後がもつ“懐かしさ”と、「Siena Hills」の近代的でラグジュアリーな空間という“新しさ”を融合させることで、この地の魅力を存分に堪能してもらいたい、という想いがこめられている。


気になる設備を紹介しよう。まず宿泊施設は、別荘感覚で贅沢なプライベート空間を堪能できる「マリントピア・ザ・スイート」 と、


京都丹後の大自然を快適なテントで過ごす「グランドーム京都天橋立」を用意。両施設とも、食材以外の宿泊環境はすべて完備されているため、手ぶらで気軽に贅沢な非日常体験が楽しめる。


そのほかの施設として、宮津日置に湧き出る源泉温泉「金温泉」を引いている豪華な貸切風呂が用意されている。夜はもちろん、朝も利用することができるので、目覚めの朝風呂に入るのも良さそうだ。また、チャペルもあるので挙式を開くこともできる。

「Siena Hills」は今後、地域住民や企業・団体と連携して古き良き日本の魅力に出会う・触れる・体感するコンテンツを創っていく予定。

宿泊予約は6月15日(金)より開始。夏の旅先、まだ決まっていないのであれば京都丹後で過ごしてみるのはいかが?

■「Siena Hills」
住所:京都府宮津市日置3700-6

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。