体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『後ろ姿が危険!?』ブラからはみ出した贅肉、見えないのは自分だけ!

ブラからはみ出してしまった贅肉、見えないのは自分だけ!
こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。背中のぜい肉撃退第二弾!前回のエクササイズでは、左右の肩甲骨を寄せる動きでした。今回も、肩甲骨回りを動かして、褐色細胞を動かし、しっかり燃焼させて代謝アップ&すっきり背中を目指していきましょう。

1.スタートポジション

1:うつぶせに寝ます。両腕は頭の上に伸ばし、手のひらは下にします。

2:息を吸ってお腹を背中の方に引き寄せます。腰が反らないように気を付けます。Cカーブのように、恥骨を前に突き出す位お腹を引き上げておきましょう。

2.上半身を起こします

1:息を吐きながら、両腕を伸ばしたまま、腕と上半身を起こします。

2:顎を引き、首の後ろを伸ばし手置きましょう。

3.肩甲骨を下げます

1:息を吸って、吐きながら左右の肩甲骨を引き下げます。

2:息を吸って、元の位置に戻ります。この時に上半身は起こしたままの状態をキープします。

3:上半身を起こしたまま、5回繰り返します。

4:5回終わって両腕を元の位置に戻した後、息を吸って吐きながら上半身を床におろします。

5:ここまでで1セット、2セット~3セット続けましょう。

エクササイズ女性

4.ポイント

1:エクササイズ中、お腹は背中の方に引き寄せておきましょう。お腹の意識が抜けてしまうと、腰に負担がかかりますので、気をつけましょう。

2:上半身を起こす時は、顎を引き、首の後ろを伸ばし、目線は斜め前を見ておきましょう。顎を持ち上げてしまうと、首に負担がかかるので注意しましょう。

3:両腕を引き下げるときは、左右の肩甲骨を引き下げながら、両腕を耳の横までおろしてきます。腕からではなく肩甲骨から動かしていきましょう。さらに、左右の肩甲骨を寄せるようなイメージで動かすと、効果が高まります。両腕を伸ばす時は、背中全体を伸ばすつもりで伸ばしていきましょう。

4:上半身を起こす時に、両足は持ち上がらないように、重たくおろしておきましょう。

とにかくしっかり肩甲骨を引き寄せる!!

皆さんもぜひお試しください♪

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【大きさ別】バストをキレイに魅せる着こなし方♡
メイクしたまま寝てOK!?忙しい女性のためのファンデ未満コスメ3選
今すぐやめて!太りやすい“骨盤ゆがみ”につながるNG習慣6つ
カラコンなしで大きな瞳に。お金をかけずに目力をアップさせる方法
たった2か月で簡単にヒップアップする方法♡

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。