体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽と車のデザインを重ねた、建築家渾身の新ガレージハウス【edgeHOUSE】

▲特徴的な外観をもつK邸だが、ガレージにポルシェ 911が収まることでそのデザインは完成する。みごとに調和する理由は、どちらも機能美を徹底的に追求した結果生まれたプロダクトであるという点

911が収まることで完成する音楽建築|建築家・鶴田伸介(熊工房)

上の写真をご覧になって、読者諸兄はどのように感じただろうか。これがガレージハウス? と思える造形をもつK邸だが、じつは、ここには車に対する施主と建築家の思いが凝縮されていたのだ。

東京都下、都心のベッドタウンである閑静な住宅街の一画にK邸はあった。周囲の建物を見下ろすような小高い丘の上、さらに傾斜地に建っているため、K邸の存在感は際立っている。もちろん、その存在感の高さは立地だけではなく、曲線を巧みにあしらったK 邸のフォルムがもたらすものでもある。

ガレージは、麓(とあえて呼びたくなるほどの傾斜地にK邸は建っている)に設置。一般的なビルトインタイプではなく、邸内とガレージ内を直接結ぶ動線も備えていない。

しかし、一歩、二歩……と後退しながらK邸の全体像を観察すると、ある瞬間でピタリと決まる。ガレージ内のポルシェと外階段、そして建物とが三位一体となって一つの「絵」を構築しているのだ。

設計を担当したのは、建築家の鶴田伸介さん。ご自身も熱烈なカーフリークで、本誌でも作品を紹介したことがある。

鶴田さんによると、このK邸は「音楽建築です。そしてガレージにポルシェが収まることで全体のデザインが完成するガレージハウスです」とのこと。

そもそもK邸の企画は「とことん音楽を楽しむ空間を作ろう!」というところから始まったそうだ。施主のKさんは自邸を新築するにあたり、生活のなかに音楽を取り込みたい……という強い思いがあった。そこで、音楽ホールの設計など経験豊富な鶴田さんに設計を依頼したという経緯だ。

もともとおふたりは、10 年ほど前に知人を通じて知り合っていた。お互いに音楽好きという共通点があったので、自邸でもよりよい音を楽しむために……と、思い切って鶴田さんに設計をお願いした。

さっそくKさんは鶴田さんと土地探しを始めたのだが、現在K邸が建つ土地こそがイメージどおりの絶好のロケーションであった。その理由は、

①街並みを見下ろせる高台に位置していること。

②前面が開けているので音楽を存分に楽しめること。

②に関しては、隣にお住まいの方も趣味が音楽なので、ある程度の音量は許容してもらっているとのこと。さらに、決め手となったのは、おふたりが早朝にこの土地に立ち、朝日が昇るシーンを目の当たりにしたことだという。K邸に注ぐ日差しは、日中であれば照明はまったく不要なほど。

また、眼下から吹き抜けてくる風は心地よく、取材に訪れた4月末にも爽やかな風が堪能できた。そんな自然と共存する居心地のよさも、K邸の大きな特徴といえる。設計を依頼するにあたりKさんが鶴田さんに出した要望は

「部屋数は、寝食するのに最低限でOK 。それよりも、クラブにいるような絶対的に音のよい空間を作ってほしい。また、土地の特徴を生かして開放的な空間にしてほしい。もちろん、基本的には鶴田さんに全面的にお任せ……」というものだった。

全幅の信頼に基づいた設計依頼だったこともあり、提案はファーストプランで一発OKとなったそうだ。

これまで培ってきたノウハウを100%出し切ろう!

「Kさんは音楽に精通していることと、ソフトウエアエンジニアとして音響機器を自在に操れる技術をお持ちなので、それならば住まいも徹底的に! ということでプランニングを進めました。具体的には、1階と2階それぞれの場所で過ごすシチュエーションをイメージしてレイアウトしていますが、どの場所にいても音のクオリティが確実に保たれていることを念頭に置いて設計しました。家の形状がもたらす音の伝わり方は、十分な計算に基づいたものです」と鶴田さん。

その「家の形状」こそが、K邸のハイライトである。正面から見て左端の半円状の壁面にはスピーカーとスクリーンを設置。音が邸内を真っすぐに伝わるようにデザインされていることが特徴だ。

さらに、その効果を増幅させるために、天井にはビッシリと細かい反響板が設けられている。その様子は壮観のひと言で、実質的な効果に加えデザインの美しさが際立つ、まさに機能美と呼ぶに相応しい。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。