体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」

このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」

社会人になって数年も経つと収入も増え、欲しいモノが買えたり、友人と一緒に贅沢な旅に行ったりできるようになります。

一方、誰しも今のままでいいのかな?やりたいことってなんだっけ?と感じ始めるものです。

そんな人のためにNYのスタートアップ企業Getawayは、森に「スマホNGの小さな宿」を用意しています。

まずは、グッと惹かれた彼らが目指す世界を紹介。このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」© Getaway 僕らはこの現代生活でもバランスが保てると信じている。それはゆったりする時間を持つこと、日々の喧騒から一歩引いて、自分自身や人間関係、自然の不思議に目を向けてみること。このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」© Getaway この体験は人間らしい要素へ僕らを戻してくれるんだ。そして森の魅力に浸るようにデザインされている。このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」© Getaway 同時に退屈であること、1人でいること、予定がないことの喜びを再発見するチャレンジでもある。このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」© Getaway 僕らはバランスを取ること、シンプルであること、余暇を楽しむこと。感謝し、考える場所と時間、そして静けさを探求していく。このままじゃダメだ。そう思っている人専用「森のお宿」© Getaway

現在はボストン、ワシントンDC、NYの3都市で展開。1泊125〜175ドル(14,000円〜19,000円)前後です。

宿には着替えを持って向かうだけでOK。エアコン、各種アメニティ、ミニキッチン、ラジオなどは最低限用意されています。

場所は予約するまで秘密。予約後に初めてわかる仕組みに。写真家やビジュアルアーティストが創作に集中できるアーティスト支援プログラムもあるそう。

予約はこちらから。Top photo: © GetawayReference: Getaway

関連記事リンク(外部サイト)

安く海外旅行をしたい人へ。これが覚えておくべきコツです。
たった1枚の板なんだけど、スマート家具としては最先端。
ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。