体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

95歳、現役ママから学ぶ「食と人生の楽しみかた」

95歳、現役ママから学ぶ「食と人生の楽しみかた」

味覚の形成は幼少期の食体験で決まる、とはよく聞く話。例えば、味の濃淡や付け合わせひとつとっても、“家庭の味”を通して知らぬ間に食卓で研ぎ澄まされていくものです。

Food52」に紹介された記事の著者Alice Medrichさんにとっても、料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。

はっきり言って長いです(親指痛いわ!)。でもね、90を越えてもおいしい味を求めて外へと出かける。こういう歳の重ねかたしたいなあ、なんて思うわけです。

「家庭の味」は自己アイデンティティ

95歳、現役ママから学ぶ「食と人生の楽しみかた」© Halfpoint/Shutterstock.com

私の幼少期は、1950年代〜60年代にかけて。南カリフォルニアの郊外で育ち、夏になれば裏庭の木になるネクタリン、あんずやプラムを手でもぎ取って、お腹いっぱいになるまで食べたのをよく覚えています。それをときどきサラダに入れたりも。

母の得意料理はクリュディテ(生野菜のオードブル)でした。学校のお弁当にも、おやつにも。で当の私はというと、20歳でフランスに行くまで、クリュディテなんて言葉があることすら知りませんでした。

ただ、周りの友だちと比べても、我が家の食文化はどことなく違う気がしていました。我が家はユダヤ教の根強い信者でもないし、ロスの東側に住んでいたので、ユダヤ人の人口が集中していたわけでもありませんでした。

けれど、こと食においてはベーグル、スモークサーモン、クリームチーズ、ライ麦粉で作られたパン、黒パン、それから塩漬けしたニシンをよく食べていました。

暑い日には冷たいビーツのボルシチも定番。サワークリームを混ぜ込んでピンク色に変色した深紅色のスープで、友だち(それもバプテスト派!)を日曜日のランチにお出迎え、なんて想像できますか?

好きなものは、とことん

それはさておき、日曜日のランチといえばこれ。

カッテージチーズ、サワークリーム、きゅうり、トマト、細かく切った玉ねぎ、スモークした魚、パン、そしてオリーブをそれぞれボウルに入れて、自分のカスタムサラダをつくる、です。

これがイスラエル風のサラダだと知ったのは、ずいぶん後のこと。他にもイワシと玉ねぎのスライスを乗せたトーストも平気で食べましたし、アンチョビが苦手だと思ったこともありませんでした。夕飯には、決まってグリーンサラダが供され、ドレッシングはもちろんヴィネグレット。これとて当時は知らなかったので「オイル&ヴィネガー」なんて呼んでいましたね。

母は特別料理が好きなわけでもありませんでしたが、つねにシンプルさを追求し、味覚は抜群でした。

「チョコレートアイスクリームソーダ」の正しい頼み方を教えてくれたのだって母。曰く、チョコレートシロップだけじゃなくて、チョコレートアイスクリームと一緒に頼むのが鉄則だとか。エクレアはクリームじゃなくて、カスタードが正解というのも彼女の持論。さらに、母はスポンジケーキではなく、パイ生地で作るいちごのショートケーキを好んでいました。

味の「好み」をちゃんともつ

95歳、現役ママから学ぶ「食と人生の楽しみかた」© 279photo Studio/Shutterstock.com
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。