体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エミネム、ライブでリアルな銃声音を使用して物議

エミネム、ライブでリアルな銃声音を使用して物議

 2018年6月9日に米テネシー州マンチェスターで開催された【ボナルー・フェスティバル】でヘッドライナーを務めたエミネムが、ライブ中にリアルな銃声音を使ったことで批判を浴びている。

 エミネムがライブで2000年のアルバム『ザ・マーシャル・マザーズLP』に収録されている「キル・ユー」を披露した際、エフェクトの銃声音が数回鳴り響き、驚いた観客が悲鳴を上げたり伏せるなどして会場に緊張が走った。米国では昨年ラスベガスの野外コンサート会場で無差別乱射事件が起き、多くの死傷者が出たこともまだ記憶に新しい。

 ソーシャル・メディア・スターのアンドレア・ラセットはTwitterで、「こんなこと言いたくないけど、ごく軽いPTSDを患っている者として、曲を銃声音で終わらせるのは非常に無責任で趣味が悪いと言わざるを得ない。私は若い頃からずっとエミネムと彼の音楽が大好きだったけど、あれは思いきりトリガーになって涙が出てきた」と怒りをあらわにした。

 また彼女は別のツイートで、「銃声音のエフェクトを聞いて観客が思わず床に伏せるのを見るのは面白くないし、可愛らしくもないし、愉快でもない。これが私たちが生きている悲しい現実。これは面白くないし、軽く扱うべきことでもない」と続けている(現在彼女によるツイートは削除されている)。

 一方でエミネムをよく知る別のファンからは、「エミネムは少なくともここ6年ほどは“キル・ユー”を銃声音で終わらせてるけど、今回に限って誰かが文句を言うのな」などと、彼を擁護する発言も多く投稿されている。

 エミネム側からこの件について正式なコメントはまだ出されていない。

◎ファンによる投稿
https://twitter.com/Sydneyheight1/status/1005671245503795201
https://twitter.com/sandwahhh/status/1005665370064277507
https://twitter.com/sandwahhh/status/1005663772147666944
https://twitter.com/sandwahhh/status/1005670871183319041
https://twitter.com/gen_natt/status/1005671733976883206
https://twitter.com/onlyslimshady/status/1005675645513404417

関連記事リンク(外部サイト)

ニッキー・ミナージュ、エミネムとの交際の噂に反応 初デートの場所を提案!?
エミネム、薬物依存を断って10年をファンに報告
【コーチェラ2018現地レポート】ドクター・ドレ/50セントら参加! 2パックのカヴァーも飛び出したエミネムのヘッドライン・ステージ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。