体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井上陽水×奥田民生、約5年ぶりのステージ共演で「アジアの純真」も披露

井上陽水×奥田民生、約5年ぶりのステージ共演で「アジアの純真」も披露

 井上陽水が、2018年6月9日に開催された奥田民生の全国ツアー【MTRY TOUR 2018】中野サンプラザ公演に、サプライズゲストとして登場した。

井上陽水×奥田民生 写真(全2枚)

 アンコールの途中で何の前触れもなく井上陽水がステージに姿を現すと、会場のファンからは大きなどよめきと歓声があがった。奥田民生からの「今日はどうしたんですか?」という問いかけに、井上陽水は「(中野サンプラザの)前をたまたま通りかかったので、愛すべき後輩がちゃんとやっているか、確認しにきました」と答える。

 2人はしばらく自然体のまま飄々としたトークを繰り広げ、パフォーマンスでのコラボも実現。この2人がステージ上で共演するのは、2013年に行われた【Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライブ】以来、約5年ぶり。まずは、2人が敬愛するビートルズのナンバーより「Chains」(オリジナルはクッキーズ)をカバーし、さらに「アジアの純真」も披露。歌い終わってから、オーディエンスの大歓声がまだ鳴りやまないうちに、井上陽水は風のように颯爽と立ち去っていった。

 「たまたま通りかかった」と冗談めかして語った井上陽水だが、久しぶりの共演のきっかけとなったのは、ある日レコーディングスタジオでばったり再会したことだった。久々の談笑の中で、お互い同時期にツアーをおこなっていることを知り、今回の飛び入り参加のアイデアが生まれたという。さらに、井上陽水がまさにその場で制作中の楽曲「MUSIC PLAY」に、急きょ奥田民生が演奏で参加することになった。この楽曲は現在配信中。7月25日リリースとなるCDシングル『care』のカップリングとしても収録される。

◎リリース情報
井上陽水
シングル『care』
2018/07/25 RELEASE
<CD>UPCH-5948 / 1,000円(tax out.)
※ダウンロード・ストリーミング配信中

関連記事リンク(外部サイト)

井上陽水、9年ぶり書き下ろしの新曲「care」が公開
井上陽水、コンサートツアー【ROCK PICNIC】がスタート
奥田民生、PUFFY、レキシら登場 50歳を迎えさらにエンジン加速!FM802 DJ中島ヒロト生誕50周年記念イベント

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。