体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Chara、小編成バンドで巡る全国ツアーファイナルはアットホームな雰囲気に

Chara、小編成バンドで巡る全国ツアーファイナルはアットホームな雰囲気に

 Charaが、小編成バンドで巡る全国ツアー【Shut Up and Kiss Me!~Sweet Soul Sessions Tour~】のファイナル公演を、2018年6月10日にブルーライブ広島で開催した。

Chara ライブ写真(全7枚)

 ステージに最初に現れたのはChara。「ライブは結婚式」「音楽と結婚してる」というCharaの言葉を印象付けるベールのようなヘッドドレスを身につけ、ステージに用意されたカラフルなテーブルとチェアの元へ。Ippei Sawamura(SANABAGUN.)、MARTER、Kan Sanoと、バンドメンバーも集い、Charaがカップにお茶を注ぎ、乾杯を合図として「ミルク」でライブがスタートした。

 久しぶりとなる「なぜ笑ってるのかな?」「初恋」を続けて披露し、MCではメンバーもステージ中央にあるテーブルに集まり、お茶を飲みながらトークが繰り広げられた。また、フロアにいるお客さんをステージに招き、隣に座ってお茶を振る舞う一幕も。そのままテーブルを囲んでのセッションがスタートし、「しましまのバンビ」「Tiny Dancer」を演奏。場内はアットホームな雰囲気に包まれた。

 Chara自身がアコギや鍵盤を弾く場面も多い【Sweet Soul Sessions】だが、最新アルバム『Sympathy』に収録されている「KILIG」では、トリプル鍵盤で演奏。Kan Sano、MARTERとの掛け合いも見所となっていた。また、昨年行われたアルバムツアーでも披露されていなかった「Mel low Pink」の披露に加え、大ヒット曲の「やさしい気持ち」や「Junior Sweet」を含む2時間のステージで一人一人の心に火を灯し、暖かな余韻と共にライブを締めくくった。

PHOTO:HAJIME KAMIIISAKA

◎公演情報
【Shut Up And Kiss Me! ~Sweet Soul Sessions Supreme~】
※各日2公演開催
2018年6月16日(土)神奈川・Motion Blue yokohama
2018年6月17日(日)神奈川・Motion Blue yokohama
2018年6月21日(木)大阪・Billboard Live OSAKA
2018年6月22日(金)大阪・Billboard Live OSAKA
2018年6月29日(金)愛知・NAGOYA Blue Note
2018年6月30日(土)愛知・NAGOYA Blue Note
2018年7月04日(水)東京・BLUE NOTE TOKYO
2018年7月05日(木)東京・BLUE NOTE TOKYO

関連記事リンク(外部サイト)

Chara、愛娘&愛息との愛溢れる場面も! 生誕50年記念ライブ映像作品のトレーラー映像公開
Chara 生誕50年記念ライブで「世界一の幸せ者だ」長男&長女&椿鬼奴がお祝い
Chara×韻シストBAND「Jingle Bells」カヴァー! UNIQLOクリスマスキャンペーンムービー公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。