体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワガママおやじ猫がもたらしてくれたもの

6月に入り、高知も梅雨入りしたようですが、今年は昨年に比べ気温が低め。
海の温度も低いみたいですが・・・

相変わらずきれいな矢井賀の海。眺めるだけでテンションあがります!

そして、最近のオルカさんといえば

(昨夜は飲み過ぎたのかしら・・・だらしない)

ひどいおやじっぷり。
8歳のオルカさんは人間でいうと立派な中年オヤジ。

ますます好き嫌いをはっきり主張するワガママおやじ猫になり、それはまるで漫画「美味しんぼ」の、海原雄山のような面倒くささです。

特にゴハンの選り好みが激しく、これまでも本当に苦労しました。

思い返せば3年前の6月、オルカの糖尿病が発覚。猫の糖尿病専門の先生は、食べ過ぎが原因ではないし、インスリンを打っているのだから、好きなものを食べさせてあげたら?と言ってくれたのですが、心のどこかで、これまで「私がしっかりフードを選んでこなかったせいで病気になったのではないか」という罪の意識が拭えずにいました。

そして、当時の私は、オルカにどんなゴハンをあげれば「健康になるか」と必死で探しまわり、「身体に良い」という口コミや広告を見ては、片っ端からあらゆるフードを試しました。

ところが、私が必死になればなるほどオルカは食が細くなり、食べることを諦める日もありました。そしてついに、食べたくないとフードを残した日に、低血糖を起こしてしまったのです。
目を開いて、鳴いて訴えかけるオルカ。でも身体を起こすことができず、体温も冷たくなっていました。

やってしまった…。
どうしよう。オルカが死んでしまう…。

動揺した私は震える手で、常備していたぶどう糖液をオルカの口に流し込み、身体を毛布でくるんですぐに病院へ。気が付いたのが早かったので、特に処置することもなく、そのまま様子を見るように言われ、家に着くころには立ち上がって歩けるようになっていました。

なんてことをしてしまったのだろう。
オルカを抱きしめ「ごめんね、ごめんね」と繰り返しました。

「健康のため」と言いながら、私は自分が「食べさせたい」ものを無理にオルカに与えていたのです。

その日以降、「食」は命に直結しているからこそ、フード選びにより一層慎重になり、フードの中身は何でできているのか、と細かいところにまで疑問を持つようになりました。そして調べれば調べるほど、素材が良いもの、安心して与えられるものをオルカに食べさせたいと思うようになり、高知県に移住をして、ヤイカファクトリーを立ち上げることになったのです。

私はオルカに、より自然なものを食べさせたいという想いでプロジェクトを立ち上げ、お魚グリルを作っていたのですが、お魚グリルはあくまでも間食です。猫におやつは必要ないということもよく聞いていたので、自分のやっていることは果たして必要とされているのだろうか、という新たな疑問が湧いてきました。

そんな時、ペットのごはんのスペシャリスト「Petlife-heart」代表のフクダチトセさんとの出会いがありました。フクダさんは、これまで、ペットフードのアドバイザーやペットの看護・介護などの仕事につき、ワンちゃんネコちゃんの健康を医療面、栄養面、生活面とあらゆる面から見てこられた方です。

そのフクダさんに直接自分が抱いていた疑問をぶつけたら、とっても大切なことを教わったのです。フクダさんが仰ったのは、「こうしたらよい」という正解ではなく、もっと根本的なことでした。それは、とてもシンプルで「猫ちゃんの健康に良く、且つ、楽しむこと!」

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。