体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「近頃セダンがカッコよくなってきた気がする」という人は、シビックセダンを見ておきなさい

▲セダンのデザインは確実に進化してきている。近頃のセダンにピンときているならシビックセダンに注目してほしい。シビックとアコードのデザインの違いに今後のセダンの方向性が見えてくる

時代は繰り返されるか!? セダンブームが来る可能性、なくはないぞ

男の正装のひとつがスーツであるように、かつて自動車におけるスーツ姿といえば4ドアセダンであった。自動車ではセダンがスタンダードなスタイルだったのだ。

トヨタや日産をはじめ、マツダもホンダもそれぞれ質の良いセダンを作って切磋琢磨していた時代があった。

残念ながら現在は、日本のセダンに30年前の輝かしさはない。セダンでなくてもそれに変わるボディタイプの多様性が市民権を得てきたからである。

しかし、いつか流行やニーズが再びセダンに向く可能性を秘めているのも確かだ。

▲バブル期のトヨタ マークⅡの人気はすごかった。スーパーホワイトのカラーに泣く子も黙るツインカムツインターボの装備は、中流意識の象徴的なモデルであった(写真はNAモデルのグランデ) ▲エキサイティングドレッシーなスポーティセダンとしてカリーナEDも輸入車とは違った小金持ちのステータスを感じられた ▲「シーマ現象」という流行語まで作ってしまった日産 シーマも裕福な雰囲気の時代を象徴としたセダンだろう ▲パーソナルラグジュアリーモデルである日産 レパード J.フェリーは、今見てもなかなかの高級感が漂ったモデルである ▲カローラもツインカム4バルブというスポーツカーの特許のような高性能エンジンを搭載したグレードが存在した

▲カローラもツインカム4バルブというスポーツカーの特許のような高性能エンジンを搭載したグレードが存在した

セダンがカッコよく見えてきたのであれば、原因はデザインの進化だろう

▲現行型のレクサス LSは側面窓が6つに分かれたデザインを採用。これにより後方に重みを持たせている。後部席の乗員はCピラーの内側に座る配置となる

セダンがスタイリッシュになったのはリアがハイウエストのウェッジ型ボディになってからだ。このスタイリングは欧州メーカーであるアウディが80年代から導入した。

セダンはABCピラーがあってトランクが備わる形状が一般的であるが、Cピラーに窓をもうひとつ加えたシックスライトキャビンを採用するモデルが出てきた。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。