体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジブリ映画「魔女の宅急便」のモデル13選

ジブリ映画「魔女の宅急便」のモデル13選

一人の小さな魔女の独り立ちを描く、魔女の宅急便。ルージュの伝言や、巡る季節とったテーマソングも素敵なジブリの人気作品です。

今回は、そんな魔女の宅急便のモデルとなった場所へ行ってみましょう!ひょっとしたら、キキやジジ、トンボに会えるかも?

*編集部追記
2015年8月24日に公開された記事に、追記しました。(2016/4/2)
2016年4月2日に公開された記事に、追記しました。(2018/6/11)

 

感想

Photo by:新田浩之

スタジオジブリ映画『魔女の宅急便』の舞台となった国や都市はたくさんありますが、私はクロアチア・ドブロブニクとエストニア・タリンに行きました。どちらも歴史的に美しい街ですが、雰囲気は全く違います。

ドブロブニクは歴史を感じさせるリゾート地。美しいアドリア海と歴史的な旧市街との組み合わせはたまりません。一方、タリンはエストニアの首都なので、実務的な雰囲気。機能的でコンパクトにまとまっている印象があります。

 

アドバイス

Photo by:新田浩之

オンシーズンにドブロヴニクに行く場合は早めに宿を予約しておきましょう。ドブロヴニクには数多くのホテルやホステルがありますが、一般的な家を利用した宿「SOBE」もおすすめ。地元の人の生活ぶりもわかります。

一方、タリンは雨が多い街。「晴れ」を望む場合は天気予報をこまめにチェックしましょう。また、天気が変わりやすい街ななので、傘は必須アイテムですよ。

 

ベストスポット

Photo by:新田浩之

個人的にはクロアチア・ドブロヴニクがおすすめ。やはり、スルジ山から眺めるアドリア海と旧市街の美しさは言葉を失います。まさしく「魔女の宅急便の世界」そのものです。

また、直線上の小路もなかなか興味深いもの。猫が寝ていたり、洗濯物が干されていたり、人々の生活が垣間見られます。

ぜひ夏にドブロヴニクへ行きましょう。

 

スウェーデン・ストックホルム

photo by shutterstock

カラフルな建物が立ち並び、おもちゃのような街並のストックホルム。ここは、公式に参考にしたと言われている街で、クライマックスに欠かせない時計台も存在しています。

こんなにも綺麗な街なら、ジブリファンと言わずとも、歩いてみたくなりますね。

 

スウェーデン・ゴットランド島

photo by shutterstock

スウェーデンの中でもストックホルムと同じくモデルにしたと言われているのが、ゴットランド島のヴィスビューです。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。