体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有名デザイナーズ物件に住みたい! メリットや注意点、実現するためのダンドリを解説

人気のデザイナーズ物件に住む方法

情報が少なく、入居希望者も殺到している有名デザイナーズ物件や、街で見かけたカッコイイ忘れられない物件。入居するためには、どうすればいいのだろうか? そこで、ここでは有名デザイナーズ物件に住むためのダンドリから注意点、憧れの有名デザイナーズ物件の紹介まで徹底ガイド。理想のデザイナーズ物件を見つけるするためのノウハウを伝授する。有名デザイナーズ物件に住むためのダンドリを解説!

有名デザイナーズ物件に住むためのダンドリを解説!人気のデザイナーズ物件に住むには、こまめに公式サイトをチェック

最近は空間や内装にこだわったデザイナーズ物件が増えてきて、不動産情報サイトでよく見かけるようになった。しかし、著名な建築家が手掛けた有名物件や個性がずば抜けているデザイナーズ物件などは、唯一無二のレアな存在。「そもそも住めるのか?」「いつ、どうやって申し込みできるのか?」など、基本情報がわからないというケースもしばしばある。

こうしたデザイナーズ物件に住むためには、自分から積極的に動いて情報を集めることが必要だ。建築家のこだわりに共感して、住みたいと思う物件があったら、まずはとにかく詳しくなること。定期的に物件のサイトなどをチェックしていると、内覧ツアー実施や、空き室の情報が出てくることも。人気の物件は当然ライバルも多く、すぐに定員オーバーになってしまうこともある。情報をキャッチしたらいち早く行動を起こそう。デザイナーズ物件に住む3つのメリット1. 建築家の世界観に身をゆだねることができる

デザイナーズ物件には建築家が考えたコンセプトがあり、空間設計や内装など細部にまでこだわりが詰まっている。その世界観を体感できるのは住人ならではのメリット。特に建築やインテリアに興味がある人にはかなり魅力的だ。2. 住人同士のコミュニティーが生まれる

普通の物件よりも個性が強いデザイナーズ物件。それゆえ住んでいる人同士の好みや考え方が似ているケースが多く、住人同士が仲良くなりやすいというメリットがある。住人交流会がしばしば開催される物件もある。3. 好きなものに囲まれている特別感がある

とんがったところも含めて、お気に入りのスタイリッシュな空間で毎日過ごせるというのは、デザイナーズ物件に住んでいるうちにじわじわ実感できる幸せ。空間に合わせて生活していくうちに、自分自身のセンスも磨かれていくかも。デザイナーズ物件お悩み解決法

デザイナーズ物件によくあるお悩み。どうやって解決すればいい?収納が少ないなら、物のいるいらないを見直そう!

居住性よりデザイン性にこだわっている物件では、収納が少ない場合も。「収納が少ないから困る」とあきらめるのではなく、自分の暮らしを物件のサイズに合わせるつもりで、持ち物を見直してみては。「コンクリート打ちっぱなし」でも、冷暖房設備がしっかりしていればOK

築年数が経っている、コンクリート打ちっぱなしなどの理由から、「冬は寒く夏は暑い」という物件も多い。住んでから困らないように、冷暖房設備がしっかり整っているかを忘れずにチェックしよう。デザイナーズ物件に快適に住むなら冷暖房など居住性についても要チェック

快適に住むなら、居住性についても要チェック!デザイナーズ物件の探し方

順番待ち続出のデザイナーズ物件。入居するためには、物件のファンになるくらいの情報収集から!1. 住みたい物件のイメージをふくらませる

デザイナーズ物件は建物ごとに個性がさまざま。まずは、そもそもどんなデザイナーズ物件があるのかを知ることから始めよう。街で気になる建物を見に行ったり、本やネットでさまざまなデザイナーズ物件を見たりしているうちに、理想の物件が見つかるかも。
デザイナーズ物件の探し方①デザイナーズ物件に住むには、まずは好きな街、よく行く街を歩いていてみよう。気になるデザイナーズ物件に出会うこともある

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。