体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Lenovo Z5」はコスパ最高の全画面スマホ

Lenovo は 6 月 5 日、Lenovo ブランドの 2018 年フラッグシップスマートフォン「Lenovo Z5」を中国で発表しました。
Lenovo Z5 は、2014 ~ 2017 年まで Lenovo 傘下のサブブランドとして運営されていた ZUK による Android スマートフォンで、Android 8.1 Oreo と ZUK 4.0 というファームウェア構成を採用しています。
Lenovo Z5 は Android P にもアップデート予定となっています。
スペック的には ZenFone 5 相当のミッドレンジモデルですが、価格はたったの 1,299 元(約 22,300 円)と、予想以上の安さを実現しています。
6.2 インチの大きなディスプレイは全画面仕様となっており、見た感じはエレガントで、筐体サイズも 153 × 75.65 × 7.85mm とほぼ 5.5 インチ 16;9 スマホ並みのコンパクトさを実現。
質量は 165g とこのクラスの中では軽量です。
ディスプレイの解像度は 2,246 x 1,080 ピクセルなので Lenovo Z5 は 19:9 スマホになります。
プロセッサは Snapdragon 636 で、メモリは 6GB RAM + 64GB ROM となっています。
カメラは背面に 1,600 万画素 + 800 万画素で、フロントカメラは 800 万画素となっています。
バッテリー容量は3,200mAh で、USB Type-C コネクタを採用しています。

■関連記事
moraのMac版ダウンローダーがv2.0にバージョンアップ
Huaweiがモバイルゲームに強い新スマホ「Honor Play」を発表、GPU Turboでゲーム性能が飛躍的に向上
Android Pで大きく変わるマナーモード設定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。