体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの背中見られていますよ!今すぐエクササイズで背中すっきり♪

あなたの背中見られています!今すぐ背中すっきり!
こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。突然ですが、自分の背中見たことありますか?自分は見ていなくても、他の人は目に入っちゃっているのです。自分だけがその背中のお肉を知らないかもしれません・・・。なんて残念な背中なんだろうと思われているかも!?そうならないためにも、すぐにその背中、動かしていきましょう。

1.スタートポジション

1.うつぶせに寝ます。両腕は体の横に置き、手のひらは下向きにします。お腹は背中の方に引き寄せておきましょう。

2.息を吸ってお腹を背中の方に引き寄せます。腰が反らないように気を付けます。Cカーブのように、恥骨を前に突き出すくらいお腹を引き上げておきましょう。

スタートポジション

2.上半身を起こします

1.息を吐きながら、上半身を起こします。

2.同時に左右の肩甲骨を寄せながら、胸を開きます。両腕は親指から外に開き、親指を天井に向けます。

3.息を吸って元の位置に戻ります。

4.5回続けます。

上半身を起こします

3.ポイント

1.エクササイズ中、お腹は背中の方に引き寄せておきましょう。お腹の意識が抜けてしまうと、腰に負担がかかりますので気をつけましょう。

2.上半身を起こす時は、顎を引き、首の後ろを伸ばし、目線は斜め前を見ておきましょう。顎を天井に向けてしまうと、首へ負担がかかるので注意しましょう。

3.左右の肩甲骨を中心に寄せるとき、胸を広げながら行いましょう。背中にぜい肉がついている場合は、最初はかなりきついかもしれませんが、「そのぜい肉をそぎ落とす!」つもりで、しっかり左右の肩甲骨を中心に寄せていきましょう。

胸を広げると同時に親指を外に向けますが、両肩から腕全体を外にねじるようにしながら、手のひらを外に向けていきましょう。

4.上半身を起こす時に両足は持ち上がらないように、アンカーのように重たくなったつもりで床につけておきましょう。

5.背中は見えない部分ですので、しっかりイメージしながらエクササイズを行っていきましょう。

肩甲骨
肩甲骨の中心には脂肪を燃焼させると言われている褐色細胞があります。しっかり中心に寄せて、柔らかくすっきりした背中を作っていきましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

股関節、柔らかいですか?スリム美脚に整う「股関節ストレッチ」
胸は痩せさせない!ダイエットしてもバストダウンしないための方法
「太るストレス」と「痩せるストレス」って?健康美を育むライフスタイル
スタイリスト一推し♡コーデの参考になる優秀ファッションアプリ
こんなSNSは男性も逃げる!?大人女性のSNSチェックポイント

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。