体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

低炭水化物ダイエット禁止令!むしろ太りやすくなるかも・・・?

低炭水化物ダイエット禁止令!むしろ太りやすくなるかも!?
「糖質オフダイエット」とよく言いますが、糖質がたっぷり含まれている炭水化物をやみくもに減らせば良い、とは限りません。炭水化物を必要以上に減らすことで、むしろ太りやすくなってしまうこともあるのです。

炭水化物を抜くと食物繊維が不足しがち

ごはんやパン、麺類などに豊富な「炭水化物」。消化の家庭で糖質に分解され、エネルギー源として活用されます。糖質は過剰に摂取したぶん体脂肪として蓄えられやすいため、ダイエット中は食べ過ぎに注意したいもの。

とはいえ、炭水化物は糖質だけでなく、食物繊維を摂取するチャンスでもあります。食物繊維は腸内環境を整えるために積極的にとりたいもの。炭水化物の摂取を過剰に制限することで取り入れられなくなると、やせにくい体質へと導いてしまう可能性があります。

炭水化物は悪者ではない

糖質の摂取は血糖値を急上昇させるため、健康を守る視点や老化抑制においても、過剰な摂取は避けていきたいもの。とはいえ、完全な悪者ではなく、むしろエネルギー源として重要な役割を担っています。

摂りすぎに注意したい食品であることは確かですが、完全にシャットアウトする必要はありません。食事の満足感を高めるためにも、食物繊維の摂取源としても、毎食“握りこぶし1つぶん”をめやすに取り入れましょう。

ご飯

体脂肪を燃やすのにもエネルギーが不可欠

体脂肪を燃焼させるには運動が大切。その運動をするにはエネルギーが不可欠です。また、脳が活性化するのに必要な栄養素も糖質。運動効果を高めるためにも、脳のはたらきを活性化するのにも取り入れるべき栄養素です。

食べすぎには注意したいですが、全く摂らない、というのもおすすめできません。生きていく上で必要な三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)はしっかり摂取して、エネルギーをしっかり消費しましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

〇〇を朝食に食べるだけ!ハッピーな1日を過ごせる方法♪
ストレートネックを改善するコツ!首の伸展のストレッチ
もうすぐ夏っ!ギュギュッとお腹を引き締める『美くびれさん』トレーニング3つ
ズボラさん必見!たった1ポーズで二の腕・ヒップ・体幹に効くヨガ
私ってもしかして「重い女?」そんなあなたが彼に依存しすぎない方法

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。