体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

韓流ドラマ、K-POPの次に「K-文学」がきているらしい…

韓流ドラマ、K-POPの次に「K-文学」がきているらしい…

韓流ドラマブーム、K-POPブーム、懐かしいと感じる方も多いのでは…。ヨン様、冬ソナ、東方神起、KARA、少女時代…日本を席捲いたしました。もちろん、今でも人気のジャンルではございますが…。そんななか、今、にわかに注目を集めているのが、「K-文学」でございます。

「K-文学」とは韓国現代文学のこと、最近では、その人気とともに「K-文学」という愛称で親しまれているとか。今年4月に発表されました日本翻訳大賞で大賞を受賞した作品も「K-文学」でございます。殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学) 単行本 
Amazon.co.jpより

それがこちら、「殺人者の記憶法」(著:キム・ヨンハ 訳:吉川 凪)でございます。長編ミステリー小説でございます。著者のキム様は、韓国を代表する人気作家で、この作品は、発売前から予約を受け付けていたそうですが、その予約の時点でベストセラー入りしていたそうでございます。

ちなみに、この作品を原作にした映画「殺人者の記憶法」もすでに公開になっております。原作とはラストが違うそうなので見比べるのもよいかと…。老年になり引退した認知症の殺人犯が主人公。連続殺人犯と出会うことで、また新たな殺人を計画するというクライム・スリラーでございます。

先日、この「K-文学」ブームについて、J―WAVEの人気番組「ACROSS THE SKY」でも取り上げておりました。スタジオゲストは、翻訳家の吉川凪様。

吉川さんは、日本での韓国の翻訳本が増えている背景について、抱えている社会問題が日本と似ている、日本人が共感しやすいという点。さらに、韓国国内で、SFやミステリーなどエンターテイメント系の作品が急増している点を指摘されておりました。

ちなみに、韓国国内では日本の翻訳本が大人気で、特に村上春樹様、東野圭吾様の人気はゴイスーだとか…。今の韓国の小説家にもかなりの影響を与えていて、その辺も日本人好みの作品が多くなっている要因かも…でございます。

ちなみに、小説だけではございません。韓国では絵本が人気で、韓国の人気絵本もたくさん、日本上陸を果たしております。最近、日本で大ヒットしたものでは、ペク・ヒナ様の「天女銭湯」などがございます。天女銭湯 大型本 
Amazon.co.jpより

こちらの「天女銭湯」は、手作りの粘土人形を使った写真絵本でございますが、韓国国内では、ここ数年、人形や布や押し花などを使ってキャラクターを表現した“コラージュ絵本”が人気でございます。是非、韓国の絵本、“K-絵本”も、ブームになって欲しいものでございます。

「K-文学」、「K-絵本」に興味を持たれた方は、ぜひとも、東京・神保町のブックカフェ「CHEKCCORI〜韓国の本とちょっとしたカフェ〜」にお足をお運びくださいませ。韓国の書籍が絵本を含めたくさん置いてございます。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。