体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ、日本のスーパーにも欲しい!

これ、日本のスーパーにも欲しい!

スーパーマーケットがセールをやる理由って、いくつかありますよね。賞味期限が近かったり、在庫が大量に余っていたり。

イスラエルで開発された「Wasteless」を導入すれば、在庫管理を自動で行ってくれて、より効率的に販売ができるようです。

これはスーパーマーケットを経営している人向けの話ですが、私たち消費者側にもメリットがあります。

いつも「最適」な
買い物ができる

これ、日本のスーパーにも欲しい!© Wasteless

「Wasteless」を導入したら、同じ商品でも賞味期限によって価格が決められます。

上の画像を例にすると、4月15日が賞味期限のヨーグルトは1.8ドル。対して、5月6日までの製品は3.4ドル。いつ食べるか分からない軽食なら通常価格で購入し、すぐに食べたい場合は安く買えるということ。

どんなときでも最適な買い物ができ、コストを最低限に抑えられるようです。

廃棄物も減らせる

これ、日本のスーパーにも欲しい!© Wasteless

メリットがあるのは、スーパーマーケットや消費者だけでなく、社会に対しても。

「Wasteless」は在庫があまり過ぎていると判断したら、価格を自動で下げてくれもします。できる限り廃棄物を出したくない、という想いがあるといいます。

導入をする際の費用に関する情報は書かれていませんが、日本のスーパーマーケットにもぜひ導入してほしいシステムです。Top photo: © WastelessReference: Wasteless

関連記事リンク(外部サイト)

フードロス撲滅!ご近所同士の「余った食材」をシェアするアプリ
「廃棄する前に、できることがある」。買い手が値段を決められるスーパーマーケット
ついに仏スーパー「食料品廃棄」を禁ずる法律がスタートした

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。