体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペット共生物件に住みたい! メリットや注意点、実現するためのダンドリを解説

ペット共生物件に住む方法

賃貸でもペットと一緒に暮らしたい! そう願っている人は少なくないはず。でも安心して飼える環境って実はまだまだ少ない。そんな昨今ペットとの共生を前提に造られた物件が登場し話題になっている。単なるペット可とは違う、ペット共生物件の探し方、そのメリットを解説する。大好きなペットとの暮らしだからこそシビアに考えるべき

これまでもペット可物件は、少ないながら一定数存在してきた。だが、最近少しずつ増えつつある「ペット共生物件」はそれらと一線を画すもの。ペットが快適なのはもちろん、人間もストレスなく快適に過ごせる住まい。それがペット共生物件だ。

いくらペットを愛していても、共に暮らしていると臭いや毛などの動物特有の生態が、人間にとってストレスになることも。住まいを設計段階から考慮し、負担を軽減してくれるのがペット共生物件の特長だ。

また、集合住宅の場合は同じ建物内に動物好きしかいないことも、共生物件が持つメリットの一つ。鳴き声や足音など動物と暮らす上でどうしても発生してしまう問題への理解を得やすく、住人同士のコミュニティーもつくれる環境は飼い主にとって何より安心できる。ペット共生物件に住む3つのメリット1. 周りに気を遣わず安心して飼える環境

集合住宅で一番気になるのは、鳴き声や足音などの騒音問題。犬好き、猫好きのために造られた共生物件なら、「多少の音が出るのはお互い様」と理解してもらえる。居住者同士のコミュニティーは情報収集にも役立つはずだ。2. 清潔で広々した住まいはペットにとって快適

犬や猫は人間以上に遊び好きでキレイ好き。室内でも存分に遊べるスペースと換気扇付きのトイレ置き場など衛生的な環境が整った共生物件は、彼らにとってこの上なく快適なはず。運動量の多い、若い個体でも安心だ。3. 人間の負担も軽減されるからストレスゼロ!

犬・猫を隔離して自分が身支度を調えるスペースや、夜中に彼らが活動しても睡眠を邪魔されないペットドア、臭いをこもらせない換気扇など、ペット共生物件は、人が快適に過ごすための工夫が満載。実はこれが一番大事!ペット共生物件にはこんな設備がある!足洗い場ペット共生物件にある設備:ペットの足洗い場

足洗い場

特に大型犬など外での散歩が必須のペットには、お散歩後に使う足洗い場があると便利。部屋を汚さないための設備だ専用トビラペット共生物件にある設備:専用トビラ

専用トビラ

犬・猫が自由に出入りでき、臭いを隔離できるトイレなどの専用ドアも不可欠ドアノブペット共生物件にある設備:ドアノブ

ドアノブ

飛びついても開けられない丸いドアノブ。ドアの外側に鍵が付いており中から開けられない仕掛けがあるものもキャットウォークペット共生物件にある設備:キャットウォーク

キャットウォーク

ジャンプで飛び乗るなどの上下運動が好きな猫。キャットウォークで遊ぶことでストレス解消にもペット共生物件の探し方

ペット共生物件を探すポイントは、とにかく情報収集すること。そして、ペットへのリテラシーが高い人同士のネットワークに勇気を持って飛び込むこと。さすれば自ずと道は拓けるはず!1. SNS、ネットでペット共生物件の情報を検索

最初の一歩はネット、SNSでの情報収集からだ。「犬 or 猫」「共生」「賃貸」などのキーワードで検索してみよう。数多くの情報に触れるうち、何がホンモノか、の目利きができるようになる。
ペット共生物件の探し方①まずはペット共生物件の情報をSNSなどで検索してみよう

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。