体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンパス一眼レフには同じ手順の隠しコマンド

オリンパス一眼レフには同じ手順の隠しコマンド

オリンパスの一眼レフには恒例ともいえる「上・下・左・右」の隠しコマンドが存在。シャッター数やストロボ発光数といった使用状況や、センサークリーニング回数などのメンテナンス状況を表示することができます。しかも、オリンパスの一眼レフなら隠しコマンドはいずれの機種も同じ手順なのです。

隠しコマンドで使用状況が一目瞭然

オリンパスのミラーレス一眼レフは、初心者向けのPENシリーズと中上級者向けのOM-Dシリーズが存在。前者は「E-PM1」「E-PL2」「E-PL7」など、後者は「OM-D E-M5」「DM-D E-M5 MarkⅡ」などが知られています。

これらオリンパスのミラーレス一眼レフには、同じ手順の隠しコマンドが存在。シャッター数やストロボ数などの使用状況や、センサークリーニングやダストリダクションの回数などのメンテナンス状況が一目瞭然です。

オリンパスの一眼レフの隠しコマンドは、まず「Menu」を押しながら電源オン。起動したらボタンを離します。続いて「Menu」から「モニター調整」を選択。OKボタンを押します。

隠しコマンドは上・下・左・右の順

隠しコマンドは、さらに「INFO」を押し、次に「OK」をプッシュ。液晶画面に「OLYMPUS」の文字と型番、数字が表示が表示されます。ここで「セレクトボタンを、上・下・左・右の順で押すのです。

ここでシャッターを押すと、画面に「PAGE-1」が表示されます。セレクトボタン左右で、ページが切り替わる仕組みです。この画面のうち「PAGE-2」が使用状況やメンテナンス状況がわかる画面になります。

「R」がリリース(シャッター)回数で「S」がストロボ発光回数です。また「C」がセンサークリーニング回数で、「U」がダストリダクション回数。こんほか「V」がライブビュー回数、「B」が手ブレ補正回数となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

エレベーターのボタン2回押し以外の裏コマンド
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
TOTOのウォシュレットには隠しコマンドがあった
エレベーターのボタンをキャンセルするコマンド
Windows操作性が劇的に向上する“神”コマンド

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。