体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

計算速度は毎秒20京! 米国、新スパコン「Summit」の能力を発表

スーパーコンピューターの開発は日本を含む世界各国が競っているが、米国エネルギー省(DOE)のオークリッジ国立研究所(ORNL)はこのほど、同所が整備を進めてきたスパコン「Summit」の能力を発表した。

それによると、Summit は1秒あたり20京回の計算処理能力を有し、前スパコンTitanの8倍と大幅にアップした。

・IBMとNVIDIAが共同開発

Summit はDOEから委託を受けたIBMが、画像処理半導体のNVIDIAと共に開発を進めてきた。

4608基のサーバーから構成されるIBMのAC922システムや、NVIDIAの画像処理ユニットTesla V100などを搭載することで計算能力を向上させた。

ORNLによると、Summitはエクサスケール(1秒間に100京回の計算能力)を必要とする科学的な計算をこなす初のスパコンになるという。

・がん研究などに活用

Summitの活用をめぐってはさまざまな計画があるようだが、初期プロジェクトには、超新星が金や鉄などの重元素をいかにつくるかといった研究や、がん研究のための国民の健康データ分析などが含まれる。

DOEのRick Perry長官は「2021年までにエクサスケール・コンピューティングシステムを導入するという目標に一歩近づいた。Summitはさまざまな研究開発に活用され、米国民はこの恩恵を受けることになる」とコメントしている。

米国の先端技術が詰まったSummitだが、スパンコンの開発は各国が威信をかけている分野だけに、Summitを超えるものがいずれ開発されることは想像に難くない。

オークリッジ国立研究所

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。