体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国料理全般イケる「シナモン醤油」のすすめ

中国料理全般イケる「シナモン醤油」のすすめ

いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらフシギ、おいしい発見がありました。

たとえばこれ、“スパイスの王様”とも呼ばれるシナモン。スパイシーで甘い香りと醤油が合わさると、どんな味になる?

奥ゆかしく“香る”醤油ができました

中国料理全般イケる「シナモン醤油」のすすめ© 2018 TABI LABO

用意したのはシナモンスティック。パウダーではなくスティックから。パウダーだと香り立ちはいいものの持続力が弱いため、ホールスパイスを使うのがおすすめ。食材専門店や高級スーパーで手に入る無農薬のものを選びました(ちょっと奮発)。

肝心の醤油は、スタンダードな「こいくち醤油」をチョイス。保存瓶にスティックを割り入れて1週間、冷蔵庫で保管したのがこちら。

水色だけ見れば、ほとんど元の醤油と変わりありません。けど、フタを開け鼻先を近づけたとたん、ふんわり香るのはシナモンのそれ。中国料理全般イケる「シナモン醤油」のすすめ© 2018 TABI LABO

味はそのまま醤油なんです。だけど甘〜く奥ゆかしくシナモンが香る。

淡白な白身魚なんかも合いそうですが、中国料理の付け合せ(小菜)に出てくる「大根の醤油漬け」なんて最高。まあ、もともと桂皮や唐辛子と一緒に漬け込むわけだから、合わないわけがない!

ほかにも、豚の三枚肉や手羽先をこっくり甘辛く煮込むのにもいいかも。新しい発見があるはずです。試してみて。Top photo: © 2018 TABI LABO

関連記事リンク(外部サイト)

そのアイス、まだまだおいしく「味変」できますよ
スースー感がクセになる「ミント醤油」
鹿児島の「うまかもん」がギュッとつまった調味料6選

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。