体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

gooSimseller、6,800円+税と安いAndroidスマホ「FLEAZ BEAT」を発売

NTT レゾナントは 6 月 8 日、SIM カードとセットで一括 6,800 円 + 税のとても安い Android スマートフォン「FLEAZ BEAT」の販売を開始しました。
FLEAZ BEAT はデュアル SIM(DSDS)に対応した 5  インチ画面のエントリーモデルで、カラバリの一つ「インディゴカラー」は gooSimseller 限定販売となっています。
1 万円を切る価格ながらも、メモリは 3GB RAM + 32GB ROM と多く、Android 8.0 Oreo や指紋リーダー、QZSS(みちびき)、5GHz の Wi-Fi を搭載、さらに Micro SD カードスロットを SIM スロットとは別に設けるなど、手抜き感は殆ど感じられない仕様です。
ディスプレイは 5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IPS 液晶で、プロセッサは MEdiaTek MT6750 1.5GHz オクタコアです。
その他、2,300mAh バッテリー、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラを搭載し、USB コネクタは Micro USB です。
gooSimseller の価格は、「らくらくセット一括払い」で 6,800 円 + 税で、これには別途、初回請求時に契約事務手数料 3,000 円 + 税がかかります。
Source : gooSimseller

■関連記事
Android Pで大きく変わるマナーモード設定
「T1 Professional」は近未来的な流線型デザインを採用したGPSドローン
国内版「Moto G6 Plus」のレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。