体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「T1 Professional」は近未来的な流線型デザインを採用したGPSドローン

近未来的な流線型デザインを採用した安価な GPS ドローン「T1 Professional ドローン」が中国の EC サイト Alibaba.com で発売されました。
T1 Professional は、四本のアームが広がる Phantom シリーズのようなデザインを採用していますが、上からのアングルから見ると、フラットなアームデザインはまるで X ゲームのロゴのようでなんだかカッコいい、空力性能も良さそうな印象です。
T1 Professional にはブラシレスモーターや 15 分のフライト時間を提供する 2,000mAh バッテリー、720p 動画を撮影可能な FPV カメラ(カメラ無しモデルもあり)を搭載しており、GPS に対応しているので、フォローミー機能やサークルフライト機能、RTH など、いくつかのインテリジェントフライトモードが利用できます。
また、初心者向けのヘッドレスモードにも対応しており、ビギナーにとっても使いやすい機体だと思います。
カメラが貧弱なのでこの点は多少気になります。
T1 Professional の価格(カメラ付きモデル)の価格は $120 ~ 130 です。
出荷時期に応じて価格が多少変わっているようです。
Source : Alibaba

■関連記事
Android Pで大きく変わるマナーモード設定
国内版「Moto G6 Plus」のレビュー
Android Pで画面の手動回転に対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。