体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーラー発電によるEV充電ステーションがオランダに登場

電気自動車(EV)の開発が進み、街中でもEVを見かける機会が増えてきた。それに伴い、世界中でいま加速度的に進んでいるのが充電ステーションの設置だ。

このほどオランダ・ユトレヒトにも新たな充電ステーションが登場した。このステーション、なんと太陽光で電気を全て賄うというもの。二酸化炭素を排出しない環境に優しい乗り物に、環境に負荷をかけない方法で発電した電気を供給する。

・蓄電システムを活用

ステーションを設置したのはオランダ企業LomboXnetと、地元のパートナー企業。車メーカーのルノーもサポートしている。

ステーションの鍵を握るのが、米Tesla社の蓄電バッテリーシステムだ。車を充電するスペースの屋根にソーラーパネルを設置し、ここで発電した電気を敷地内に設置した蓄電池に蓄える。これにより昼夜問わずEVを充電できる。

・20台の同時充電も

ステーションには20台の充電スポットがあり、ステーション開所のセレモニーでは、実際にルノーの電気自動車Zoe20台の同時充電が披露された。

20台の充電スポットというと、ステーションとしては規模が大きい。しかもクリーンエネルギーを利用できるとなれば、環境意識の高い人にはかなりのインセンティブになりそうだ。

EVはそもそも、環境問題対策として生まれたもの。活用方法もまた環境に配慮するという今回のような取り組みは、当然のものなのかもしれない。

LomboXnet

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。