体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真のある空間を建築的に構成、八木夕菜の写真展「NOWHERE」

1806101©「祈りの手前」 Just before praying (2017)

八木夕菜の写真展「NOWHERE」が、東京・銀座ポーラ ミュージアム アネックスにて、6月15日(金)から開催される。

八木夕菜は、京都を拠点に国内外で活躍する写真家。ニューヨーク・パーソンズ美術大学建築学部を卒業し、建築デザインの仕事に携わった後、2010年から本格的にアーティスト活動を開始。2016年にはKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭にてポートフォリオ・レビューでのハッセルブラッド賞を受賞するほどの、実力ある若手アーティストだ。

本展では、新作を含む約30点を展示予定。写真をただパネルや額に入れて壁に展示するにとどまらず、展示空間を建築的に構成するかのように、床に置いたり、透明のアクリルの立体を通して視ることで、写真の再構成を試みる。写真の持つ様々な表情や見え方を通して、「視る」という行為の自由さに浸ることのできる展覧会だ。

展覧会名:八木夕菜「NOWHERE」
会  期:2018年6月15日(金)- 7月8日(日)[24日間] ※会期中無休
開館時間:11:00 – 20:00 (入場は19:30まで)
入 場 料:無料
会  場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7番出口すぐ / 東京メトロ 銀座駅 A9番出口から徒歩6分
JR 有楽町駅 京橋口から徒歩5分
主  催:株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
U R L :http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。