体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャレッド・レト演じる『スーサイド・スクワッド』のジョーカーを主役にした単独映画が計画中

ジャレッド・レト演じる『スーサイド・スクワッド』のジョーカーを主役にした単独映画が計画中

ワーナー・ブラザースは、ジャレッド・レトによる『スーサイド・スクワッド』のジョーカーを主役にした単独映画を計画していると、米『Variety』誌が伝えた。この映画のタイトルは未定だが、ジャレッドは役者としてだけではなく、製作総指揮も担う予定だ。

ホアキン・フェニックスがジョーカー役を務め、トッド・フィリップスが監督を務めるジョーカーの起源を描いた単独映画も製作される事がすでに分かっているが、この『スーサイド・スクワッド』のスピンオフ作品とは全く別物で、DCエクステンデッド・ユニバースとの関連性はない。

この『スーサイド・スクワッド』のジョーカーが主役の単独映画は、現在脚本家を探している段階であり、撮影がいつから始まるのかは分かっていない。内容に関しても明らかではないが、『スーサイド・スクワッド』や、2019年に制作が開始される予定の『スーサイド・スクワッド』続編となんらかのつながりを持たせるに違いない。

米『Variety』誌によれば、ワーナー・ブラザースは、「『スーサイド・スクワッド』によって造られた世界を拡大し、将来的な次回作たちに結び付ける」ことを計画しているという。その計画には、今回のジャレッド・レトによるジョーカーのスピンオフ映画や、悪役ペンギンが出演する可能性があると報じられたばかりのハーレイ・クインを主人公とする『バーズ・オブ・プレイ』も含まれる。

DCとワーナー・ブラザースのニュースについては、まとまらずに話が流れる事も多い。とりあえず、様子を見届けよう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

今度の主役はバンブルビー!『トランスフォーマー』スピンオフ映画の予告編が公開
『インクレディブル・ファミリー』がプレミア上映で絶賛!「14年間待った甲斐があった」との声も
故ロビン・ウィリアムズの心の葛藤を描くドキュメンタリー作品の予告編が公開、コメディアン仲間のスティーヴ・マーティンも登場
レディー・ガガとブラッドリー・クーパー主演の『A Star Is Born』、予告編第一弾が公開
『トップガン2』、アイスマン役ヴァル・キルマーも出演決定!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。