体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポップアップルーフに充実した内装! 日産の電気キャンパーバンが格好いい

アウトドアが好きな人にとって、キャンプしながらの旅は魅力的だ。その旅を快適なものにするのがキャンパーバンだが、日産はこのほど電気で走るe-NV200をベースにしたキャンパーバンを発表した。

コンパクトながらベッドやミニ冷蔵庫などを備え、ポップアップルーフで空間を拡張できるという充実の内装となっている。

・自然に優しい旅を

寝泊まりするタイプの車として真っ先に浮かぶのがトレイラータイプのキャンピングカーだろう。ロフトを備えたモデルも多く、いかにも“運べる家”といった感じ。

しかし今回、日産が発表したバンはワンボックスカーを寝泊まりできるように改造しているのでかなりコンパクトだ。

最大の特徴はもちろん電気で走ること。キャンパーにはおそらく自然を愛する人が多いかと思うが、自然に負担をかけない形で旅ができるわけだ。

・実際より広い空間に

また、快適そうな内装にも目がいく。折りたたみ式になっている後部座席を広げてフラットなベッドにすることができ、ミニ冷蔵庫やシンク、食材保管スペースなども設けられている。

加えて、ポップアップルーフで空間を拡張できるので、実際以上に広さを感じられそう。オプションでソーラーパネルをつけることもできるようだ。

これなら、テントを設営する手間が省けるのでキャンプがより手軽になり、アクティビティをたっぷり楽しめそう。しかし、残念ながらこのバンは当面スペインでのみの展開とのこと。日本での販売を希望する声が聞こえてきそうだ。

Nissan

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。