体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

決して現実になってほしくない「未来予想」

決して現実になってほしくない「未来予想」

結論としては「巨大な船の上に多くの人が生活するようになる」というお話。

デンマークを拠点に活動するデザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年頃の未来を予想している。

日本に暮らしている人は他人事として考えられないかもしれない。

島が沈んだら
「船」で暮らすように

決して現実になってほしくない「未来予想」© Magnus Maarbjerg

2050年までに、気候変動が大きな要因となって1億5000万人以上が故郷を失います。

多くの人が苦しんでいるのをうけて、デンマーク政府は同国が誇る全長400mのコンテナ貨物船「Majestic Maersk」を難民キャンプとして使い始めることに。海面上昇のせいで沈んでしまった島に暮らしていた数千人は、すでに避難しています。

彼らは海の影響を受けない大陸を目指しますが、亡命は許されません。

なぜなら“環境難民”だから。

そして、どんな場所にも上陸を認めてもらえないため、故郷を追われた人々は船を“島”ととらえ、新たなコミュニティを形成していくのを決意しました。

決して現実になってほしくない「未来予想」© Magnus Maarbjerg決して現実になってほしくない「未来予想」© Magnus Maarbjerg

「1億5000万」という数字が正しいかどうかは分からないが、地球温暖化による海面上昇に苦しむ人々は出てくるだろう。ツバルやキリバスという太平洋の島国は「沈みゆく国」などと言われている。

また、“環境難民”が受け入れられない社会問題もしっかりと予想している。現状では、宗教や人種、政治的な理由で迫害を受ける人しか難民として認められない。

このまま地球温暖化が進んでいき、難民の定義が変わらないのなら、Magnusさんの予想も現実味をおびてくる。

島国としての「日本」も関係してくる話だ。彼はアートを通して、社会問題に向き合う大切さを教えてくれているのだろう。Top photo: © Magnus MaarbjergReference: Magnus Maarbjerg / Co-founder of the Danish design studio Fokstrot, Co-founder of Copenhagen Islands

関連記事リンク(外部サイト)

違和感たっぷりの「ピンクの小屋」が訴えること
6分のアニメ動画が伝える「シリア難民流出問題」
科学者らが「北極の氷」を再凍結するためのプランを発表

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。