体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のゆんぼだんぷ

世界のゆんぼだんぷ

ゆんぼだんぷがアメリカのオーディション番組『America’s Got Talent』に出演したそうです。番組の公式ツイッターアカウントで彼らのパフォーマンスが動画で見られるんですが、これがハチャメチャに面白い。

Close your eyes and let the sweet sounds of @YumboDump take over you. #AGT pic.twitter.com/nt2tt57iDL

— America’s Got Talent (@AGT) June 6, 2018

ゆんぼだんぷと言えば、だらしないポッチャリ体型の2人が霧吹きで湿らせたお互いの腹をぶつけ合い、「雨のしずくが落ちる音」を再現するネタで『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」などに出演していた芸人です。そんな彼らが今回ついに世界進出を果たしたのです。

 

それにしても、アメリカ人の審査員や観客の異常なまでのノリの良さが面白い。彼らの芸を徐々に理解し始めて、ついには興奮のあまり、立ち上がって拍手喝采を送るところは、面白いを通り越してちょっと感動してしまうほどです。

 

あと、1つ目のネタを披露した直後に、審査員の女性が「ブー」とブザーを鳴らし、彼らに冷たく接するところも面白かったですね。『みなさんのおかげでした』の「お笑いイミグレーション」で、若手芸人が必死でネタを披露してとんねるずの2人に冷たくあしらわれる場面を思い出しました。あえて冷酷に切り捨ててしまう「イジり」の笑いの感覚というのは、日本でもアメリカでも同じなんですね。

 

いま世界で勝負している芸人はゆんぼだんぷだけではありません。自分の体の上でテーブルクロス引きをするという芸を持つウエスPさんも、イギリスのオーディション番組『Britain’s Got Talent』に出演して、日本人として初めて準決勝まで進んだことで話題になりました。

 

言葉を使わずに見るだけで理解できる彼らの芸は、もともと世界で通用する可能性を秘めていました。世界中の人々を虜にしたピコ太郎の「PPAPフィーバー」から2年。次に世界的なスターになるのは彼らのうちの誰かかもしれません。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。