体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

航空無線の電波型式に「AM」を使い続ける理由

航空無線の電波型式に「AM」を使い続ける理由

航空機と聞いて、思い浮かぶのは旅客機でしょう。中には戦闘機をイメージした人もいるかもしれません。そして、旅客機も戦闘機も航空無線を使っています。ただ、両機は運動性能も飛行目的も異なるため、VHF帯とUHF帯と周波数帯は別々です。しかし、どちらの航空無線もAMモードであることは変わりません。

航空無線がAMモードを採用する理由

最近のおもしろ無線にはデジタルモードもありますが、メインはやはりFMモードです。対して、航空無線はおもしろ無線の中で唯一、AMモードを採用しています。航空無線がAMモードを使い続けている理由を見ていきましょう。

AMモードは、振幅変調(Amplitude Modulation)の頭文字を取ったもの。電波の強弱で情報を伝達する方式です。FMモード(周波数変調:Frequency Modulation)に比べて、音質が劣ったりノイズに弱いというデメリットがあります。

それでも、航空無線がAMモードを採用する最大の理由は、弱い電波に強い電波がかぶってきても、かき消されないためです。夜間に発生するAMラジオ放送の混信のように、強い電波の後ろから弱い電波が聞こえてくるのです。

航空無線は末永く受信を楽しめる

すなわち、同じ周波数に複数の航空機が出てきても、強い電波にかき消されることなく伝わるのがAMモードの特徴。遠方を飛行する航空機の救難通信を、近くを飛行する航空機の電波がかき消すことなく管制塔は受信できます。

このような航空機の安全な運航に欠かせない電波特性が、航空無線でAMモードが使われ続けている理由です。このほか、無線機の回路構成がシンプルで、狭い帯域でも音声を送れるなどのメリットもあります。

また、航空無線は世界共通のシステムなので、デジタル化はないと言われています。すべての航空機の無線機を一斉に入れ替えることは、簡単にはできないからです。航空無線は末永く受信を楽しめるジャンルといえます。

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。