体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

App ActionsとAndroid SliceでAndroidアプリの出番が増えAndroidがさらに便利になる

Google が Android アプリの出番を増やし Android をより便利にする新しい仕組み「App Actions」と「Android Slice」の提供を発表しました。
どちらも Android P とそれ以前(Android Kitkat まで)を対象にしており、約95% もの Android デバイスで今後使用できるようになります。
App Actions は、例えばテキストが選択時に表示されるコンテキストメニューにに次のアクションとしてデベロッパーのアプリを表示するよう登録できる機能です。
これは Android Oreo で導入されたスマートテキスト選択に似ていますが、サポートバージョンが拡大しており、App Actions では予め用意されたアクションのカタログからデベロッパーが用途に合わせたアプリを選んで登録できカスタマイズ性が向上している他、アクションは Google 検索アプリにも表示されるなどさらに便利になっています。
Android Slice はアプリの機能を Google 検索や Google アシスタント上に表示することを可能にするテンプレートのことです。
Slice では、テキスト、画像、動画、インタラクティブなコントロール要素を組み合わせてリッチなミニツールを作り、Google 検索アプリや Google アシスタントに表示させることができます。
Source : Google

■関連記事
Android Pでメッセージ通知がさらに進化、通知内で会話履歴や写真を確認できる
Moto G6 Plusの国内版でUQ mobileの認識状況やDSDSの動作を確認
デュアルカメラスマホの広角カメラはどういう場面で使う?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。