体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界最高の一杯」を作ってくれるロボット

「世界最高の一杯」を作ってくれるロボット

すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがままには応えてくれそうだ。

自分好みのカクテルを
すぐに作ってくれる

「世界最高の一杯」を作ってくれるロボット© Makr Shakr

何が世界最高かというと、完全にオリジナルのカクテルを作ってくれる。153本もあるリキュールから自分好みにオーダーできるという点は、世界最高の味になるだろう。

オーダーをするにはアプリから。リキュールを選ぶだけでなく、カットレモンやライムを添えるかどうかまで決められる。「世界最高の一杯」を作ってくれるロボット© Makr Shakr

オーダーをしたときには待ち時間も表示してくれる。これは、すべてのカクテルを一定時間で作れる、機械ならではの特徴かもしれない。

バーテンダーとの会話を目的としていないクラブや居酒屋に設置されたら、無駄な時間を過ごす必要がなくなりそうだ。オーダーしておいて、後でピックアップできる。

「Makr Shakr」によって仕事が奪われるという声も聞こえてきそうだが、僕たちのニーズに詳しく応えてくれるようになったメリットもある。Top photo: © Makr ShakrReference: Makr Shakr

関連記事リンク(外部サイト)

我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。
人間を部屋に引きこもらせるロボット
さすがMIT。この「ロボットアクセサリー」は、ただ動くだけでは終わらない。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。