体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラー公開、ディズニーの歴代プリンセスが総登場

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラーが公開された。ディズニーの歴代プリンセスが総登場している。

登場するプリンセスには、モアナ(アウリイ・クラヴァーリョ)、『アナと雪の女王』のアナ(クリステン・ベル)、『メリダとおそろしの森』のメリダ(ケリー・マクドナルド)、『プリンセスと魔法のキス』のティアナ(アニカ・ノニ・ローズ)、ポカホンタス(アイリーン・ベダード)、『アラジン』のジャスミン(リンダ・ラーキン)、『美女と野獣』のベル(ペイジ・オハラ)、『リトルマーメイド』のアリエル(ジョディ・ベンソン)らが含まれる。

主人公のヴァネロペは、彼女たちからプリンセスであるかどうかを試す質問をされる。「あなたのあらゆる問題は、大きく強い男性の登場によって解決されると、誰もが確信できるかしら?」。

トレーラーは、6月4日(現地時間)に米ウォルト・ディズニー・アニメーションスタジオが公開した。ジョン・C・ライリーが声を演じる名ばかりのヒーローと、彼の友達であるヴァネロペ・フォン・シュウィーツ(声:サラ・シュヴァーマン)が、ヴァネロペのビデオゲーム『シュガー・ラッシュ』を救う部品を求めて、リトワクのファミリーファンセンター・アンド・アーケードを旅立つ様子が描かれる。

監督は、リッチ・ムーア(映画『シュガー・ラッシュ』)とフィル・ジョンストン(映画『シュガー・ラッシュ』脚本家)の2人。プロデューサーはクラーク・スペンサー。11月21日に米劇場公開する。

オリジナル版の映画『シュガー・ラッシュ』は2012年に公開され、4億7000万ドル以上の興行成績を記録し、第85回アカデミー長編アニメ映画賞にノミネートされた。ムーア、ジョンストン、ジム・リアドンの3人がストーリーをまとめ、映画『アナと雪の女王』のジェニファー・リーとジョンストンの2人が脚本化した。監督はムーア。『フィックス・イット・フェリックス』というゲームの中を舞台に、大男の悪役ラルフが彼の悪い評判を断つための旅に出る。

トレーラーは本ページ上部より。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。