体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン』は本当に酸っぱさMAXなのか注意深く検証!

 

普通の味は必要ない! 「驚き」と「やりすぎ」をテーマに刺激を与えてくれるエースコックの「EDGE」シリーズから『EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン』が登場。王様も顔を歪める酸っぱさはいか程なものか、早速挑戦してみよう。

 

パッケージのキングは顔を歪めているが酸っぱさはそこまでではないかも。その代わり……

冒頭でも紹介した通り「EDGE」シリーズは「驚き」と「やりすぎ」がテーマ。過去には、「EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン」や「EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン」など鬼ヤバい商品を連発。喉に張り付く唐辛子は悶絶ものだった。

すまし顔のキング

 

今回発売されたエッジの効いたカップ麺は『EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン』(94gうち麺70g・希望小売価格 税抜205円・2018年5月28日発売)。ご覧のとおり、レモンの酸っぱさを「やりすぎ」てしまった商品のようだ。

 

栄養成分表示には、レモンならではのビタミンCの表記。厚生労働省の推奨するビタミンCの1日当たりの摂取量は15歳以上で100mg。1,127mg配合含まれている『EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン』はすでにやりすぎのようだ。なお、レモンに換算すると約56個分に相当する。ただ取りすぎてもビタミンCは尿として排泄されるので、通常問題はない。

蓋を開けると、液体スープとシゲキングの素の2つ入っている。

 

蓋を開けても特別匂いはしない。鼻を近づけるとチキンの匂いをふわりと感じる程度だ。

 

それでは早速お湯を注いで食べてみよう。湯戻しの時間は3分。

 

スープは鶏ガラをベースとした塩。シゲキングの素を入れる前から鶏ガラとレモンの匂いが鼻孔を刺激する。ややレモンが強め。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。