体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空港の滑走路に描かれた2ケタ数字の何の意味?

空港の滑走路に描かれた2ケタ数字の何の意味?

空港の滑走路に2ケタの数字が描かれているのを見たことがあるはず。古くは『Gメン75』のオープニングシーンに出てくる「75」が印象に残っている人もいるでしょう。はたして、滑走路の2ケタ数字は何を意味するのでしょうか? じつは滑走路の数字は磁方位を基準にして付けられているのでした。

滑走路の番号が航空無線に出てくる

航空無線の交信に必ず出てくるのが滑走路(ランウェイ)の番号です。この番号は滑走路の角度を基に付けられているもの。番号は「01」から「36」まであって「00」も「37以上」もありません。

北を360度とする磁方位を採用して、東が90度→南が180度→西が270度と時計回りに増加。角度の数字から1の位を除いた2ケタの数字が滑走路の番号になります。東を向いた90度であれば頭に0を付けて「09」、南を向いた180度は「18」です。

滑走路はどちらの方向からも離着陸できるので、必ず対になる2つの番号が付けられています。例えば、一方が「14」ならもう一方は「32」。180度に相当する18を足すか引くかした数字が、対になる番号です。

滑走路の2ケタ数字は向かう方向

空港の滑走路に描かれているのはこの2ケタ数字。ランウェイ18であれば、18(南)の方向へ向かうことになる北から見た滑走路の端に「18」と描かれているというわけです。反対側の南には、南から見て「36」と描かれています。

航空無線では管制塔からランウェイ14を指定されたら、北西の方向から着陸して、南東の方向へ離陸して行くということ。管制で「ランウェイ18」を指定されたら北から着陸して、南へ離陸していきます。

また、滑走路が同じ方向に2本ある場合は、左右を表す「L」か「R」を数字の末尾に付加。東京国際空港の西側にあるA滑走路は「16R/34L」、並行した東側にあるC滑走路は「16L/34R」になります。

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。